ここから本文です

30代で未経験なら“生涯未経験”に… 恋愛や結婚をしたくてもできない日本の若者たち

5/25(土) 15:00配信

マネーポストWEB

《2019年5月1日をもって、大阪営業部への異動を命じる》──突然の遠方への異動の辞令にがっくり肩を落とすわが子・勇輔(32才・仮名)を尻目に、母の君子さん(60才・仮名)は「これでやっと家から出てくれる!」と心のなかでガッツポーズをした。

「生まれてから一度もひとり暮らしの経験がない息子は、学生時代は学校と家の、今は会社と家の往復で休日は家でゴロゴロ。男の子の友達は連れてきても、ガールフレンドを連れてきたことなんて一度もないし、もういい年なのにこれまでつきあっている女性がいた形跡もありません。

 だけど実家を出てくれれば自立するし、ひとりが寂しいから結婚したくなるかもしれない。落ち込む息子には悪いけれど、孫の顔が見たい私にとって、これはまたとないチャンスなんです。正直、もう還暦なのに朝早く起きて朝食を作って、アイロンがけしたシャツやスーツを準備して送り出すのが大変だというのもありますが…(笑い)」

 そんな母の願いは、今の日本社会を象徴している。この30年あまりで、勇輔さんのように実家暮らしで独身の男女は約3倍に激増した。君子さんが気をもむような「異性経験なし」の若者も増加の一途をたどる。

 東京大学とスウェーデンのカロリンスカ研究所が共同で行った研究によれば、18~39才の日本人の約25%が異性との性交渉の未経験者だという。

「家から出れば一人前」「結婚したら、子育て終了」という常識は今や昔。人生100年時代のなか、日本の若い世代は結婚はおろか、恋愛やひとり暮らしをすることすらしなくなったのだ。日本の若者に、何が起きているのか──。

「生涯未経験」は本人たちが望んだことではない

 まず確認したいのは、親と同居する未婚者の増加だ。2015年に厚生労働省が行った調査によれば「50才まで一度も結婚したことがない人」の割合を示す生涯未婚率は男性23.4%、女性14.1%。つまり男性の約4人に1人、女性の約7人に1人が一生結婚しない。

 未婚者のうち、親と同居する20~50代は約1430万人で、未婚者全体の約7割を占める。この人数は1980年からの35年でおよそ3倍に急増したという。しかも彼らの中の少なくない人数は性交渉をした経験がない。

1/2ページ

最終更新:5/28(火) 20:49
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事