ここから本文です

『AKIRA』実写映画化、全米で2021年公開へ レオナルド・ディカプリオがプロデュース

5/25(土) 12:30配信

KAI-YOU.net

漫画家・大友克洋さんによる同名漫画『AKIRA』を原作としたハリウッド版実写映画『AKIRA』の全米公開日が、2021年5月21日に決定した。

【画像】大友克洋トリビュートイラスト集

プレスへの発表があったことを、アメリカのメディア「Variety」らが報じている。

同作の映画化権を取得していた俳優のレオナルド・ディカプリオさんがプロデュース、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティさんが監督をつとめることも明らかになった。

『AKIRA』実写版いよいよ始動

『AKIRA』は、大友克洋さんによる漫画作品で1982年から発表され、1988年には自らの漫画を原作としたアニメーション映画も公開された。

近未来の都市・ネオ東京を舞台に、超能力への覚醒や数奇な運命に巻き込まれていく若者たちを描いている。

可視化できない超能力を表現し、近未来の退廃と崩壊を描いたSF作品として国内外で高い評価を獲得。日本の漫画・アニメを世界に知らしめた。

舞台は2019年の「ネオ東京」で、2020年の東京オリンピック開催を目前にして再開発が進められているという様子が描かれていることから、現実を予見した作品としても近年再び注目を集めた。2017年には、渋谷PARCOの工事仮囲いに『AKIRA』のイラストが全面的に活用され、名物スポットとして話題を呼んだことも記憶に新しい。

ハリウッドでの実写化が計画されていることは、実は2008年時点から報道されており、その後幾度となく制作中止とプロジェクトの再始動が伝えられてきた。そのため、多くのファンがやきもきしながらも、首を長くして続報を待っていた。

この5月に入っていよいよ撮影が開始される予定であることなどが伝えられてきたが、このタイミングで公開日まで明かされることとなった。

日本での撮影はあるのか、また日本公開はいつなのか。続報を待とう。

新見直

最終更新:5/25(土) 12:30
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事