ここから本文です

作り置きできて便利!お弁当の彩りアップ「赤のおかず」基本&応用レシピ[FRaU]

5/25(土) 10:40配信

講談社 JOSEISHI.NET

今や料理教室の講師までやるようになったお弁当マスターの大橋日登美さんが、お弁当にまつわる悩みを解決しながら、楽しく、美味しいお弁当作りを教えてくれます。今回は、お弁当の彩りに欠かせない「赤のおかず」の基本レシピとアレンジレシピをご紹介。

脇役でも彩り効果は絶大 “赤”のおかずを極めて!

今回のテーマは「赤のおかず」です。

いままで3回にわたって、ほうれん草(緑)、だし巻き卵(黄)、味玉(黄)のレシピをご紹介してきました。

どうしてこの順番で載せたのかを、今後の連載スケジュールとも併せて、ここでご説明しておきますね。

お弁当にとって味がいちばん大事なのは当たりまえですが、見栄えも「食欲がわく」大事な要素です。

おいしそうに見せるためには、いくつかのポイントがあります。その最たるものが「彩り」です。

お弁当の中に赤・黄・緑の3色が入っていると彩りが美しく、おいしそうに見えることは多くの方がご存知だと思います。

お弁当における【基本の三原色】ですね。

けれども連載を通じて、皆さんにはぜひ、さらに一歩進んでいただけたら、と思っています。

今後、連載では【基本の三原色】赤・黄・緑のほかに+【4色】茶・黒・白・紫、つまり計7色のレシピをご紹介していくほか、作り方の難易度も、少しずつ無理のないようにレベルアップしていきます。

レシピを順番に作っていけば、1年後には「7色のおかずを自在に使いこなせるお弁当マスター」になれます。

7色のおかずを週末に作り置きすると、平日の朝はテキトーに詰めても、サマになるお弁当があっという間にできあがるのです。

少なくとも、けっして器用ではない私くらいのお弁当はできます。断言します。できます。

今回は【基本の三原色】最後の「赤のおかず」。

これで赤・黄・緑というお弁当の色の基礎ができあがるというわけ。

下の画像に、今回までにご紹介したレシピをサブおかずとして使ったお弁当がどうなるかを、詰め方例として載せました。ご参考になれば幸いです。

豚肉のしょうが焼き/刻み紅しょうが/パプリカ入りだし巻き卵(第2回レシピ)/トマトの砂糖漬け/たこのマリネ/ほうれん草のナムル(第1回レシピ)/にんじんのバター明太子炒め)
サブおかずの作り置きがあれば、朝はメインおかずだけ作り、あとは詰めるだけでもバラエティ豊かなお弁当ができあがります。

今後、順を追って、メインおかずのレシピもご紹介していきますね。

では、さっそく、【赤のおかず】にとりかかりましょう!

1/5ページ

最終更新:5/25(土) 10:40
講談社 JOSEISHI.NET

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい