ここから本文です

知っていましたか? 世界最古のモーターサイクル・ブランドがプジョーということを

5/25(土) 6:31配信

WEBヤングマシン

1898年、第1回パリ・モーターショーで最初のバイクを発表

ADIVAは、ネオレトロスクーターのプジョー・ジャンゴシリーズに「ジャンゴ150 ABS 120thリミテッドエディション」を設定。2019年2月に125ccバージョンを限定100台で発売していたが、今回は150ccモデルの登場だ。発売日は5月24日。

【写真をまとめて見る】

フランスのプジョーとは……?

120周年記念モデルを紹介する前に、その120年の歴史を知っておきたくなる。なにせ、トライアンフやハーレー、ハスクバーナ、ロイヤルエンフィールドと100年を超えるブランドはいくつかあるものの、明確に世界最古を謳いながら現存するのはプジョーだけだからだ。

そもそもプジョーブランドのはじまりは1810年。15世紀から続くプジョー家の末裔、ジャン=ピエール2世とジャン=フレデリックが、製鋼所としてPeugeot Freres Aines et Jacques Maillard-Salins(プジョー兄弟とジャック・マイヤール・サランの会社)を創立。堅牢さ、しなやかさ、素早さを象徴し、最高品質であることを示す「ライオンマーク」を掲げたプジョーブランドは、ここから始まったのだ。プジョー自身が第1号車として作ったのは3輪自動車で、動力は蒸気機関。これは1890年のパリ万国博覧会で、ジャン=ピエール・プジョーの孫であるアルマン・プジョーの手によるものだった。

1898年:最初のモーターサイクル

プジョー・モトシクルによれば、まず世界で最初のモーターサイクルが発表されたのは1873年のウイーン万博とのこと。これはフランスの発明家「ルイ・ギヨーム・ペロー」の開発によるものだった。そして1898年、同じくフランスのプジョーが初のモーターサイクルを第1回パリ・モーターショーで発表。ド・ディオン・ブートン・エンジンを搭載(後輪部分にマウント)し、斬新な車体構造だった。

1907年:マン島での勝利

現在に至るまで公道レースの最高峰として存続しているマン島ツーリストトロフィー。その第1回大会で、レム・ファウラーの駆るプジョー製Vツインエンジンを搭載したノートンが勝利を収める。

1/3ページ

最終更新:5/25(土) 6:31
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年09月号
7月24日発売

定価880円(税込)

大特集:カテゴリー別 新車走評200車
新製品テスト NinjaH2SXSE+他
好評ヤンマシ写真部 顔面博覧会
別冊付録:ツーリングバッグ大図鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事