ここから本文です

【ボクシング】伊藤、へリングともに前日計量パス ~WBOスーパーフェザー級戦~

5/25(土) 9:26配信

ベースボール・マガジン社WEB

 25日(日本時間26日)にアメリカ・フロリダ州キシミーで行われるWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチの前日計量が24日、午後5時から行われ、チャンピオンの伊藤雅雪(横浜光)、9位の挑戦者、ジャメル・ヘリング(アメリカ)そろって一発でパスした。

伊藤雅雪、思い出の地でV2戦 木村翔、久保隼は世界一奪還を懸け中国へ

 オーランド市内のホテルで行われた計量で、伊藤は129.4ポンド(58.7kg)、ヘリングは129.6ポンド(58.8kg)でリミットの130ポンド(58.9kg)をクリアした。

「いままでで一番いい練習ができたし、体重の作り方もよかったので、まったく問題ないです。しっかりKOできたら、新しい機会も見えてくると思います。相手はすばらしい選手ですけれど、やってきたことを信じて。これから体重を6から6.5kgくらい戻したらちょうどいい感じかなと」

 と、笑顔で好調ぶりを語る伊藤は、2012年ロンドン五輪代表という肩書きを持つヘリングと対面した印象について、「もうちょっと大きいかと思っていたけれど、並んでみたらそんなにでしたね。でも細いし、腕も長いしで、いい体型をしていると思いました。左ボディと左アッパーには気をつけます」と語った。

 今春トップランク社とプロモート契約を結び、本格的に世界戦略に乗り出した伊藤にとって、今回のV2戦を乗り越えた先には統一戦やビッグマッチなど、さらなる夢がある。この日、計量会場には勝者との統一戦を熱望しているWBC同級チャンピオンのミゲール・ベルチェルト(メキシコ)も姿を見せた。

「日本で戦っていたら、ベルチェルトとはできないと思う。だからアメリカで戦っているので。僕が求めている試合ができていくっていうのはほんとうに、よけいに夢が見られますよね。トップランク契約1戦目。それをしっかり意識しながら、気負わず試合したいと思います」

 伊藤の戦績は27戦25勝(13KO)1敗1分。ヘリングは21戦19勝(10KO)2敗。

 明日午後10時(日本時間26日午前11時)、決戦のゴングは鳴らされる。

1/2ページ

最終更新:5/25(土) 9:26
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事