ここから本文です

“AgGateway Asia”は農業のガラパゴス化を打破できるか

5/25(土) 12:31配信

Wedge

 「技術で勝って事業で負ける」。日本のモノづくりはこう言われて久しい。原因の一つとされるのが、国際標準への乗り遅れだ。農業分野の国際標準化の促進を目指す組織に米国発祥の“AgGateway(アグゲートウェイ)”がある。

 農業関連メーカーや流通業者らが情報交換のために作ったプラットフォームで、世界的に組織を拡大しており、そのアジア版“AgGateway Asia”の設立イベントが4月半ばに都内で開かれた。現状の日本農業の「ガラパゴス化」への懸念と、国際標準の形成に日本が積極的に加わることへの期待の声が聞かれたので、紹介したい。

将来への技術的負債を作っていないか

 「標準化への対応は、後からでもいいのではと考える方もいるでしょう。ですが、早くした方がメーカーにとっても楽です。後からほかのメーカーを追いかけるとなったとき、自分たちがそれまで作り上げたものが、技術的負債になるのです」

 AgGateway Asiaの会長として登壇した濱田安之さんは、60人を前にこう語った。念頭に置いているのは、農機メーカーや、スマート農業に関連する会社、農業の経営管理などの情報ツールを提供する会社など。こうした会社の多くは、日本国内をメインターゲットに製品を作っている。国内市場が縮小する中、標準化に対応できなければ危機に直面しかねないと、濱田さんは懸念を強めている。

 たとえば、2018年は国内の大手農機メーカー各社が自動運転・作業ができる「ロボットトラクタ」を次々と発売し、「ロボット農業元年」と呼ばれた。しかし、濱田さんはこうした農機が活躍する時代は長く続かないと予測する。「まっさらなトラクターに(後から)頭脳を付けるだけで、それができるようになる」からだ。

 根拠は、トラクタや作業機(トラクタでけん引するアタッチメント)の接続互換性のグローバルスタンダードとして欧米で普及している「ISOBUS(イソバス)」。もともと、トラクタと作業機のメーカーが違っても、互いに情報のやり取りができ、作動するようにとの目的で作られた。

 「これが標準化されるとどうなるか。まっさらなトラクター、でもコマンド(システムへの指示)さえ送れば、何でも言うことを聞くトラクターというのが出てきます」(濱田さん)

 つまり、ISOBUSに対応していれば、トラクタ自体が高性能でなくても、ISOBUS対応のコントローラーから指示を出せば、ロボットトラクタと同様の作業ができるようになり得る。ロボットとして運転・作業する上での安全性の担保がまだできていないけれども、この部分もこれからクリアしようとしているという。

1/2ページ

最終更新:5/25(土) 12:31
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年8月号
7月20日発売

定価540円(税込)

■特集 ムダを取り戻す経営――データ偏重が摘んだ「創造の芽」
■ケータイ業界はぬるま湯体質を打破できるか
■ホルムズ危機で露呈 脆弱なエネルギー安保

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ