ここから本文です

遺伝子編集が、人間に「痛みからの解放」をもたらす日が見えてきた

5/25(土) 15:10配信

WIRED.jp

生まれてから一度も痛みを感じたことがない──。一部の人にごくまれにみられる無痛覚は、遺伝子の変異によるものだ。CRISPRなどの遺伝子編集ツールの研究が進むなか、医学研究者のなかには遺伝子編集によって薬を使わず痛みに対処するまったく新しい治療法の可能性がひらかれるだろうと予測する人もいる。

痛みの永続的な治療法になる?

ジョー・キャメロンは自分の体に出血を見つけるか、肌の肉が焼けるにおいを感じて初めて、何かまずいことが起きたことに気づくのだという。今年71歳になるスコットランド人の彼女は『ニューヨーク・タイムズ』のインタヴューで、自分が痛みや恐怖、不安とほぼ無縁の人生を送ってきたことを明かした。これはDNAの一部が欠けているからだ。

医師たちがキャメロンの特異体質に気づいたのは、彼女が手術で入院したときのことだった。彼女は神経ブロック麻酔が切れたあとに、鎮痛剤の処方を断ったのだ。奇妙なことに彼女は、どんな傷を負っても他人より早く回復するうえ、不安や憂鬱、恐怖といった感情を、記憶にある限り一度も抱いたことがないという。

長年にわたる研究の結果、彼女の超人的な無痛覚の原因と考えられる前例のない変異が特定された。研究の結果は、今年3月26日付で『British Journal of Anaesthesia』に掲載されている。

「無痛覚」の光と闇

痛みのような複雑な感覚が、たったひとつの遺伝子によって制御される事例はヒトにおいては珍しい。とはいえ、前例がないわけでもない。

研究者たちは数十年前から、同じような無痛覚を示すまれな家系を調査してきた。そうした人々のDNA内には少なくともひとつ、苦痛の強さを調節する機能をもつ別の遺伝コードの配列があることが発見されている。

製薬会社はこうした効果を模倣できる薬剤の臨床試験に力を入れているが、CRISPRの台頭によりさらに興味深い可能性も生まれた。遺伝子編集によって、痛みだけでなく、実存的な恐れや不安を人生からきれいさっぱり消し去ることができるとしたらどうだろう?

オピオイドの乱用で1時間に5人が命を落とす現状から抜け出そうともがく米国にとって、これは切迫した問いだ。体と心の痛みから解放してくれるはずの薬剤が、いまでは毎年、銃や交通事故と同じくらい多くの米国人の命を奪っているのだから。

一部の医学研究者は、CRISPRなどの遺伝子編集ツールによって、薬を使わずに痛みに対処する、まったく新しい治療法の可能性が開かれるだろうと予測する。しかし、2018年に中国で実施された違法なCRISPRの実験により、雲行きは怪しくなってきた。

遺伝的な無痛覚は、いずれデザイナーベビーの人気オプションのひとつになるかもしれない。あるいは悪くすれば、21世紀の戦争において、スーパー兵士として悪用される可能性さえある。

さすがに飛躍しすぎだと思われるかもしれない。だが、17年にロシアで開催された子ども向けの科学イヴェントで、遺伝子編集の未来としてその可能性に触れたのは、誰あろうウラジーミル・プーチンだ。恐怖も共感も、後悔も痛みもなく戦える兵士は、「核兵器以上に恐ろしい存在かもしれない」と、彼は語っている。

元CIA長官のジェームズ・クラッパーも、16年に発表された国家安全保障上の脅威に関する報告書で「遺伝子編集は大量破壊兵器になりうる」と指摘した。報告書は、とりわけこの技術が、ヒト受精卵のDNA編集に使われる可能性を懸念するものだった。

1/2ページ

最終更新:5/25(土) 15:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事