ここから本文です

有名ブランドから新進ブランドまで、メーガン妃のお気に入りブランド5選

5/25(土) 22:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 メーガン妃がヘンリー王子との婚約を発表して以来、彼女のワードローブ・チョイスについての議論がノンストップで展開されている。人前に姿を現すたび、彼女は「バーバリー(Burberry)」など有名ブランドから、「ウェールズ ボナー(Wales Bonner)」といった新人デザイナーまで、見事なスタイリングを見せてくれるから、それも当然のことだ。
 彼女はハイストリートでショッピングもすれば、「マギー・マリリン(Maggie Marilyn)」や「ステラ マッカートニー(Stella McCartney)」など環境を意識したブランドも支持する。そんな多様性があったからこそ、彼女はいま、ファッションで最も影響力のある女性のひとりとしての地位を固めたのだ。
 「ジバンシィ(Givenchy)」のスリークでエレガントなドレスから、オフの日のレイドバックしたデニムルックまで、メーガン妃は慎み深さと大胆さの間の微妙なバランスをうまくとることに成功している。そんな彼女のお気に入りブランドをまとめてみた。

【写真】英国王室が流行の発信源となった、9のブランド

ステラ マッカートニー

メーガン妃がお気に入りのサステイナブルブランドのひとつ、「ステラ マッカートニー」のスニーカーや仕立てのいいコート、ドレスなどを身につけているのをよく目にする。が、とりわけ、このブランドへの彼女の愛を証明したのは、ヘンリー王子との結婚式で着たバイアスカットされたホルターネックのイブニングドレスだった。今では同ブランド初のブライダルコレクションの中の一着として、購入可能だ。

スタート時から動物虐待や非エシカルな生産方法に反対してきたステラ・マッカートニーは、意識の高い著名デザイナーの先駆けの一人。それが時代の気分になるずっと前からだ。革新的なリサイクル法のおかげもあり、まるで本物のように見えるリュクスなフェイクファーやビーガンのレザーで有名。

ウェールズ ボナー

常に新しく進歩的なブランドに敏感なメーガン妃は、出産後初のお出ましに、ロンドンの新進ブランド、「ウェールズ ボナー」をチョイス。ヘンリー王子と生後2日の息子と一緒にウィンザー城で写真に収まった彼女は、ノースリーブのトレンチドレスにマノロ・ブラニクのヌードパンプスをコーディネートして、シックな雰囲気。

1/2ページ

最終更新:5/25(土) 22:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事