ここから本文です

癒やしキャラ「麻宮もころ」ネイチャーガイドからグラビアへ

5/25(土) 16:01配信

SmartFLASH

「FLASH写真集争奪オーディション」で2位を獲得したのは、線維筋痛症と闘いながらも、モデルとして活動を続けている麻宮もころ(30)。その人物像はひと言では表現できないほど多彩。詳しく話を聞いてみた。

――いろいろな仕事に就いていたそうですね。

 大学を卒業したあと、八ヶ岳に住んでネイチャーガイドをしていました。観光で来るお客さんを案内するというアウトドアな仕事。そこで働いたあと、奥多摩でもガイドの仕事に就いていました。その後は校閲の学校にも通っていました。

――何がきっかけでモデル業を始めることにしたのですか?

 人前に出るようになったのは、26歳のときから。校閲の学校を終え、試験にも通って、就職しようと思っていたのですが……。

 私、デザインがきれいで、かわいいランジェリーが好きなんです。Facebookで知り合ったカメラマンの方から教えてもらった、ランジェリーショップのコラボ企画に思い切って応募してみたら、選んでもらえたんです。そこからですね。

――ランジェリーのモデル?

 みたいなものです。ランジェリー姿の写真をSNSにタグ付けしていくのが条件。Facebookにいきなりそういう写真はどうかと思って、Instagramにアップしていたんです。するとめちゃくちゃ反響があって、「撮影したいです」というオファーが一気に来るように。

 あまりにも依頼が多いから、知り合ったカメラマンの方たちと相談して、モデル一本でやっていくことを決めました。この写真集争奪オーディションも、表現の一環として挑戦してみようって。

――オーディションに参加してよかったと思うのは?

 外見が怖く見えるし、Instagramにアップするのは、基本的にかっこいい系で、アーティストっぽい写真ばかり。日常をあまり公開していなかったし、ファンの方からは「プライドの高そうな女」みたいなイメージがあったんです。

 でも、マシェバラで顔出しして、ふつうに話していると「ぜんぜん違うじゃん!」って。そのギャップで応援してくれる方が増えたくらい。自分のなかで新たな発見になりました。

――これからの抱負は?

 いまの生活もそうだし、精神面もそうだし、支えになっているのはファンの方々の力。皆さんに喜んでいただけるものを見せていきたいです。

 私には全身が激しく痛む「線維筋痛症」という、世間にほとんど知られていない持病があるのですが、そのことを広く知ってほしいという意味も込めて、グラビアはやっていきたいです。

――闘病しながらというのは、すごく立派なことですね。

 自分より重い病気を患っているファンの方もいて、「辛いけれど、頑張っている姿を見ると励まされる」と言われることがあるんです。そういう言葉が仕事の励みにもなるし、表現を続けていくというモチベーションにもつながっています。

――ファンの方々へ向けての自己PRを。

 チャームポイントは胸。皆さんに「もこちち」というニックネームで呼ばれています。めっちゃ柔らかいのですが、仰向けになっても流れません。

 でも、普段はノーブラで過ごしているので、いつか垂れるんじゃないかと心配しています(笑)。見た目はお姉さんキャラですが、自分的には癒やしキャラだと思っています。今後も配信などで応援してください!

まみやもころ
1988年12月17日生まれ 東京都出身 T167・B88W(G)W59H84 モデルとしてさまざまなジャンルで活動中。最新情報は、公式Twitter(@mocro_mamiya)にて

撮影・関純一
ヘアメイク・山本有輝

最終更新:5/25(土) 16:01
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事