ここから本文です

動物園に子犬20匹が捨てられて──飼育員の叫び「捨てるなら増やすな!」

5/25(土) 21:00配信

週刊女性PRIME

《どうしてこんなことができるのか……悲しい? 悔しい? もう表現できない、言葉にできない感情でぐちゃぐちゃです。(中略)今日、犬を捨てた人間に言いたいです。絶対に許さない。絶対にこのままじゃおかない》

【写真】捨てられた犬たち、園で飼育され大きくなった“でん”の可愛らしい姿

 栃木県宇都宮市北部の民間「宇都宮動物園」で犬やカピバラなどを担当している飼育員の室井晶さん(27)は、その日の園のブログに「許さない」と過激なタイトルを打って、こう書き込んだ。ブログは大きな反響を呼んでいる。

人間に怯えておしっこを漏らす犬も

 室井さんは4月27日午後7時55分ごろ、同園裏手の職員や業者だけが出入りする通用口脇に子犬9匹が捨てられているのを見つけた。いずれも生後2~3か月のレトリーバー系だった。糞尿用シートの大きな段ボール箱2つに入れられ、ドッグフードが添えられていた。成犬用の安価なエサだった。

「たぶんラブラドールレトリーバーとゴールデンレトリーバーのミックス犬だと思います。命あるものを捨てる、放置していくことに憤りを感じました。子犬たちはみな震えていて、手を差しのべただけで、怯えて甲高い悲鳴をあげたり、おしっこを漏らす子もいた。人間不信が大きいと感じました。エサを見せると興味を持って近づいてくるものなんですが、みんなで固まって遠ざかろうとするんです」

 と室井さんは振り返る。

 手のにおいをかがせて安心させてから体に触れようとすると、やはり悲鳴をあげたり、噛んできた子犬もいた。

「もともと社交的な犬種なので、雑な扱いをされてきた背景が見えてきました。これで昨年から3回目ですよ。捨てるなら、増やすな。かわいそうだと怒りがこみあげてきたので、この現状を訴えようと、仲間に相談してブログに書いたのです」(室井さん)

 最初は昨年11月11日の午後6~7時ごろ、第一駐車場の隅に4匹。同月25日の同時間帯には通用口に7匹が置き去りにされていた。

「同じく生後2~3か月のミックス犬です。きっと同じ人が捨てていったのだと思います。状況や犬種、犬の性格が似ているんです」(同)

 これとは別に昨年、同園のフェンス越しに高齢男性が猫を投げ捨てた事件も。過去には、亀、イグアナ、ニワトリ、ウサギが捨てられたこともあった。動物園や動物病院などはペットが捨てられやすい場所とされている。

1/2ページ

最終更新:5/25(土) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9/3号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事