ここから本文です

“名ばかりのポグバ”にユナイテッド再建は託せない【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

5/25(土) 18:24配信 有料

SOCCER DIGEST Web

とりわけ落ち込みが顕著で不機嫌で覇気のない姿に…

ユニホームを捲って顔を覆う子供じみたポグバのこうした振る舞いは、およそリーダーに似つかわしいものではない。自覚はあるのか。(C)Getty Images

 監督交代というカンフル剤の効果が消え、はっきりしたのはポール・ポグバのマインドだ。覇気のないその態度が語るのは、コミットメントの欠如だ。実が伴わない“名ばかりのスター”に、名門再建を託すべきではない。(文:オリバー・ケイ・訳:井川洋一 2019年5月16日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載)

―――◆―――◆―――

 マンチェスター・ユナイテッドはこの夏、いくつかの大きな決断に迫られることになる。

 オレ・グンナー・スールシャール監督が示唆するように、ポール・ポグバを中心に進化を図るのか。あるいは、ポグバもろとも期待外れのシーズンを送ったチームをスクラップにかけ、根本から作り変えるのか。ポグバの売却益はそのための原資となる。継続進化か、改革断行か―。

 それに伴い、多くの選手の去就にも結論を出さなければならない。俎上 本文:5,083文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/25(土) 18:24
SOCCER DIGEST Web