ここから本文です

WBSS欠場のテテ 井上尚弥に再度の挑戦状「WBSS王者は自分と対決しなければならない」

5/25(土) 9:44配信

THE ANSWER

肩の故障で準決勝を欠場したテテがWBSS王者との対戦を熱望

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下した。2団体王者となったモンスターに対し、準決勝ノニト・ドネア(フィリピン)戦直前に右肩の故障で辞退したWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が挑戦状を叩きつけている。南アフリカメディア「タイムズ」が報じている。

【画像】この2人の対戦は実現するのか!? 「つえーヤツはやっぱり紳士だ」とつづった井上が公開したテテとの2ショット

 今大会にWBO世界王者として参戦していたテテ。井上の決勝のライバル最有力候補と目されてきたが、現地会見に出席しながら肩の故障で4月27日のセミファイナル直前に突如辞退。代わりに控えファイターとして登録されていたWBA5位ステフォン・ヤング(米国)が代わりに出場し、ドネアの左フックの前に7回KOで沈んでいた。

「いずれかの時点で、あのボクサー(WBSSバンタム級王者)はすべてのベルトを手にするために自分とWBC王者と対決しなければいけない。そうすれば、異論もなくチャンピオンであると正当に主張することができる」

 2017年11月にWBO世界バンタム級1位のシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)戦でタイトルマッチ史上最速の11秒KO勝ちを収め、ボクシング界に衝撃を与えたテテはこう語ったという。

 事実上の決勝と呼ばれたロドリゲス戦の259秒TKO劇はテレビで観戦した。怪我さえなければ、という思いはあったという。

「傲慢に聞こえたら申し訳ないが、自分ならドネアには勝っていただろう」

「ドネア対ステフォン戦は見た。傲慢に聞こえたら申し訳ないが、自分なら勝っていただろう。先週末のイノウエ対ロドリゲス戦も見た。イノウエは本当に優秀なファイターであることを証明している」

 テテはこう語った上で、「彼は柔軟にどんなボクシングでもできる。とんでもないボクサーであることは疑いない。バンタム級の世界王者の中でもベストの1人だ。心から勝利を祝福するし、彼がWBSS優勝することは信じている」と称賛。ドネアとの頂上決戦でもモンスターの勝利を信じてやまない様子だった。

「しかし、統一王者になるにはWBOとWBCでも勝たなければいけない。だからこそ、彼が自分と対戦するチャンスを与えてくれることを望むんだ」

 テテはこう語り、挑戦状を突きつけたという。思わぬアクシデントに見舞われ、WBSSから離脱した“11秒KO男”。これまでも何度も井上に対戦要求を飛ばしていたが、WBSS王者との統一戦を再びアピールし、存在感を見せようと躍起になっているようだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:39
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事