ここから本文です

「最高にクレイジー」!? 米ゴルフでの“奇跡の跳ね返りショット”に喝采「マジック」

5/25(土) 11:08配信

THE ANSWER

世界ランク143位の中堅が奇跡のショットで脚光浴びる

 ゴルフの米男子ツアーで奇跡のショットが生まれた。ピンをオーバーしたショットがスタンドを直撃、跳ね返ってカップに寄るミラクルショットをPGAツアーが動画で公開。ファンは「今季最高にクレイジーなショット」「エクセレント」などと喝采を上げている。

【動画】このショットが「最高にクレイジー」と話題! グリーンオーバーしたはずが…PGAツアーが公開した奇跡のニアピンの一部始終

 クレイジーなショットとして話題なのは、米テキサス州で開催されているチャールズ・シュワブチャレンジの2日目。ブライアン・ハルマン(米国)の最終9番ホールだった。

 パー4の第2打はピンまで140ヤード。手前に池があることも計算してのショットだったが、これは少し大きい。グリーンをオーバーしてしまった……と思われた次の瞬間だ。ボールがスタンドを直撃。そのまま跳ね返ってグリーンオンすると、ピンまで50センチのところまで寄ったのだ。

 ラッキーすぎるスーパーショットでピンそばにつけ、楽々バーディーを奪ったハルマン。PGAツアーは公式インスタグラムに「本日の最高にクレイジーなショット。なんというバウンド」のタイトルで動画を公開。狙っては打てない奇跡の跳ね返りに、米ファンは喝采を上げている。

「これぞゴルフ。笑。すさまじいブレイク」
「レフティーのちょっとしたマジック」
「素晴らしきバウンド」
「計算ずく」
「今季最高にクレイジーなショット」
「ギャラリーも見て楽しんでる」
「Wow!!」
「仰天」
「グレイトショット」
「病みつきになる!!」
「エクセレント」

 思わぬショットが生まれるのもゴルフの醍醐味。運も味方につけた世界ランク143位のレフティーは1アンダー、21位で決勝ラウンドに進んでいる。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:39
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事