ここから本文です

強さだけじゃない井上尚弥の魅力 英の殿堂入り王者が「私好みだ」とほれ込む一面とは

5/25(土) 21:03配信

THE ANSWER

世界ボクシング殿堂入りのマクギガン氏が英紙で井上に言及

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下した。グラスゴーの地元ファンからも大歓声を受けるなど、英国のボクシングファンの心を鷲掴みにしたモンスターの“あるギャップ”に、同国の名王者が「私好みなんだ」と告白。すっかり魅了されている様子だ。

【動画】ロドリゲス陣営に天罰!? 「モンスターに挑発ダメ」と海外ファン喝采…DAZN USAが公開した井上の“痛快KO劇”の一部始終

 英地元紙「デイリー・ミラー」で、「リング上の戦慄と、リング外の魅力 ナオヤ・イノウエは私好みのファイターだ」というタイトルでコラムを執筆したのは元WBA世界フェザー級王者で、2005年に世界ボクシング殿堂入りを果たしているバリー・マクギガン氏だった。

「私はまだナオヤ・イノウエがパンチを放つ姿を実際に見たことがない。でも、心配しないでほしい。私の願いごとリストに載っている」

 同興行のメインイベントだったWBSSスーパーライト級準決勝でイバン・バランチク(ベラルーシ)を倒したジョシュ・テイラー(英国)のプロモーターを務めるレジェンドはグラスゴーの会場には足を運んでいたが、愛弟子の試合前だったため、井上の豪快なKO劇を目の当たりにすることはできなかったようだ。

 大観衆の盛り上がりで結末を悟ったマクギガン氏は「そこから何回も試合を見た」と記し、259秒を振り返っている。

「彼(ロドリゲス)はプエルトリコ史上最強のファイターではないかもしれないが、あの地域出身の無敗の世界王者は絶対に簡単な相手ではない。ロドリゲスは背が高く、手足も長い。実力者以上のものだ。彼は初回に幾つかいいパンチをイノウエに直撃させていた。イノウエも打たれることはある。しかしながら……。ワオ、なんて衝撃的なパンチャーなんだ」

 ロドリゲスの実力を高く評価しただけに、それを上回った井上のハードパンチャーぶりに感銘を受けた様子でこう綴っていた。

「あのハンマーのような強打はライトフライ級からバンタム級では絶対に存在しないものだ。マイキー・ガルシアがフェザー級、スーパーフェザー級時代に見せていた戦慄なパワーの持ち主だ。見る者を釘付けにさせてくれる」

 米国の4階級制覇王者ガルシアを彷彿とさせるパンチ力と指摘。その上で「ワシル・ロマチェンコのような万能性はなく、テレンス・クロフォードのようなテクニシャンではないが、彼は2人よりも強烈なパンチを放つ」と称賛を続けている。

1/2ページ

最終更新:8/3(土) 1:39
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事