ここから本文です

緊急来日の“神童”ヴィニシウスが告白 レアルの「すごく思いやりのある先輩」とは?

5/25(土) 20:50配信

Football ZONE web

ベンゼマを「非常に頭のいい選手」と絶賛 「いろいろなアドバイスをもらっている」

 レアル・マドリードのU-23ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールは、東京五輪を1年後に控えたタイミングで初来日を果たした。2000年生まれの18歳FWは、“サッカー王国”ブラジルにおいて東京五輪世代を引っ張る存在として期待される。そんなヴィニシウスが21日に都内で取材に応じ、レアルでのこと、ブラジル代表への思いについて語った。

【動画】華麗な反転から圧巻スキル披露! レアルFWヴィニシウス、CLプルゼニ戦で見せた“超絶トラップ”の瞬間

 空港でも多くのファンに迎えられ、都内での複数イベントに参加するなど、慌ただしく日本での日々を過ごしているヴィニシウスだが、「たくさんの方に迎えていただいて、非常にうれしい」と笑顔を見せる。世界的なスター候補生ながら、謙虚で誠実な人柄を感じさせた。「もっともっと上手くなろうと頑張っています」という言葉に、偽りはないだろう。

 世界トップクラブのレアルでプレーするだけに、ヴィニシウスはビッグネームに囲まれながら日々研鑽を積んでいる。昨夏からチームに加わったなかで、衝撃を受けたチームメートは誰だったのだろうか。18歳の新星に質問をぶつけると、即座に「カリム・ベンゼマ選手です」と答えている。

 名前が挙がったエースストライカーのベンゼマとは、シーズン中もコンビネーションの良さを見せてきた。最終節終了後にはベンゼマとの2ショットを自身の公式ツイッターに投稿するなど、関係性の良さをうかがわせる。

「いつも5秒前から次のプレーを全部予測できていて、非常に頭のいい選手ですね。よく考えて、事前予測が得意な選手だと思います。すごく思いやりのある先輩で、特にFWとしてゴールを決めないといけないなか、シュートの決定率を上げていく部分でいろいろなアドバイスをもらっています」

 まさに手放しでの称賛だ。レアルでの1年目はチャンスメークに力を発揮しながらも、リーグ戦ではわずか1得点に終わっただけに、大先輩の的確なアドバイスを真摯に受け止め、向上に務めることになるのだろう。

1/2ページ

最終更新:5/25(土) 20:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事