ここから本文です

グリーズマンのバルセロナ移籍に疑問符? マンUが急接近と英紙報道

5/25(土) 10:20配信

Football ZONE web

アトレチコからの退団を表明、バルサ行きが再三報じられているが…

 今夏限りでアトレチコ・マドリードを退団することを発表したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに、マンチェスター・ユナイテッドが急接近しているという。英紙「インディペンデント」が報じた。

 グリーズマンは以前からバルセロナ移籍が再三報じられていたが、ここに来てスペイン国内での移籍に疑問符が付けられている。同選手は昨年末にもバルサ移籍が噂されていたが、最終的に残留を宣言。今夏はついにアトレチコからの退団を宣言したが、バルサの選手たちは昨年の移籍未遂騒動を“気まぐれ”と捉えており、必要な戦力だと見ていないという内容が報じられた。

 さらにアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがグリーズマンを勧誘したという内容がメディアで報じられたが、これも事実とは異なるもので、バルサの選手たちは疑念を抱いているという。

 そのため、新天地はバルセロナではなく、マンチェスターになる可能性が浮上している。「インディペンデント」紙では、ユナイテッド側がグリーズマンの兄弟や家族と接触しているとし、さらに「オールド・トラッフォードがグリーズマンの有力な新天地候補と見ている人もいる」と指摘している。

 移籍金に関しては、インテル移籍が噂されているベルギー代表FWロメル・ルカクやチリ代表FWアレクシス・サンチェスの放出で捻出すると見られている。ロシア・ワールドカップでフランス優勝の立役者となったストライカーはバルセロナ行きから一転、プレミアリーグ初挑戦の道へ進むことになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/25(土) 10:44
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事