ここから本文です

川島永嗣が見る「日本代表GK事情」 先輩の引退に覚えた喪失感とスタイルの変化

5/25(土) 11:20配信

Football ZONE web

【フランス現地インタビュー】ロシアW杯以来の代表復帰 揺らがぬ日の丸への思い「自分の情熱は何も変わらない」

 フランス1部ストラスブールのGK川島永嗣は、6月のキリンチャレンジカップ2019とブラジルで開催されるコパ・アメリカの日本代表メンバーに選出された。昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表復帰となるが、森保一監督は欧州で戦い続ける守護神の経験値に期待を寄せる。では、DF長友佑都(ガラタサライ)、MF長谷部誠(フランクフルト)とともに日本人W杯最多出場記録(11試合)を持つ川島は、現日本代表のGK事情をどのように見ているのか。

 強豪ベルギーと死闘を繰り広げ、ベスト16の結果を残したロシアW杯から、約1年の月日を経て、川島は日本代表の舞台に再び戻ってきた。日の丸から遠ざかる日々の中でも、代表への思いは一切揺らがなかったという。

「今、この状況の中で挑戦していて、難しいのは自分でも十分に分かっています。でも、それで自分の情熱が変わったかと言ったら何も変わっていないし、必要とされるのなら、そのために全力でやりたい。常にそういう気持ちでいます」

 川島はロシアW杯で少なからず批判も浴びた。「(辛い思い出も)ありましたね」と振り返りつつ、「でも、過去のことですから」と語り、壁を乗り越えて前を向いている。

 GKはミスが失点に直結するポジションだ。現在、世界トップクラスと言われるマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアでさえも、わずかなミスで叩かれる。パリ・サンジェルマンがUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16でユナイテッドに敗れた第2戦では、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのシュートを弾き返し、ベルギー代表FWロメル・ルカクに“アシスト”してしまった元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは戦犯扱いされた。

 なかには、フェアとは言えない批判も数多くある。逆に、「批判があったら日本でGKを志す人がいなくなる」と危惧する声も挙がった。しかし、川島は「そんなことを通り越して、ぶっ飛んだヤツが出てくるんじゃないかって僕は期待しているんです!」と、日本のGKの未来についてポジティブだ。

1/3ページ

最終更新:5/25(土) 13:16
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事