ここから本文です

「僕らが責められるべき」 CL大逆転負けを引きずるメッシが謝罪「許されないこと」

5/25(土) 15:50配信

Football ZONE web

国王杯決勝バレンシア戦を前に会見に臨む 「別のトロフィーを獲得して祝いたい」

 バルセロナは現地時間25日にバレンシアとのスペイン国王杯決勝に臨む。その一方で、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝リバプール戦での大逆転負けのショックは、いまだ引きずっているようだ。エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決勝を前にして会見に臨んだが、「本当にひどい試合をした」と振り返ったことをスペイン紙「マルカ」が報じている。

 バレンシア戦は2年連続での国内2冠がかかっている。メッシは「僕らは今、経験したことをひとまず置いておいて、別のトロフィーを獲得して祝いたいと思うんだ」と語り、決勝戦にフォーカスすることを明言。しかしリバプール戦の話を振られると、口に出るのは反省の弁だった。

「僕らが受けたものは、本当につらいショックだった。立ち直るのは本当に難しいくらいのものだったんだ。僕たちはひどい試合をしてしまった。1回ならわかるけど、(ローマ相手に逆転負けを喫した昨季から)2年連続なんだから……。CL決勝に行くチャンスで、だ。許されないことだよ」

 本拠地カンプノウでの第1戦を3-0で制しながら、敵地アンフィールドで精神的なナイーブさを露呈して0-4の大逆転負け。「“美しくて手にしたいカップ”を取り戻すため、全力を尽くすことを約束した。でも僕らはそれができなかった。第2戦で闘い切れなかったことを、申し訳なく思うんだ」と、ファンに向けて陳謝するばかりだった。

 一方で去就が取り沙汰されるエルネスト・バルベルデ監督については「バルベルデに来年も続けてほしい。昨シーズンに2冠を達成して、今シーズンもそれを繰り返してくれるはずだ。リバプール戦については彼を責めるんじゃなくて、僕らが責められるべきだ」と続投を願っていることを示した。

 CLでのショッキングな敗戦が尾を引いていることは確かだが、今季ラストゲームを制することで、メッシとバルサは来季に向けてリスタートの一歩を踏み出すことができるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/25(土) 15:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事