ここから本文です

ベンフィカ、”ネクストロナウド”は146億円以下では売らない?「目標は戦力維持」

5/25(土) 23:00配信

フットボールチャンネル

 ポルトガル1部のベンフィカに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスは今夏の移籍市場で注目株となっている。だが、ベンフィカ側は要求額を下回った場合、断固としてフェリックスを売らないようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の25日に報じた。

 現在19歳のフェリックスは今季トップチームに昇格。2018年8月にトップチームデビューを果たした。今季公式戦43試合に出場し、20得点11アシストを記録した。UEFAヨーロッパリーグ(EL)では6試合に出場。フランクフルトとの準々決勝1stレグでは3ゴール1アシストを記録し、チームを勝利に導く活躍をした。

 そんな今季大ブレイクのフェリックスにはレアル・マドリーやバルセロナ、リバプール、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドなど欧州ビッグクラブが獲得に興味を示している。

 だが、ポルトガルのTV局『TVI23』でクラブのマネージャーを務めるオリベイラ氏が「我々の目標は戦力維持だ。もし、フェリックス獲得に8800万ポンド(約122億円)を提示されても売らない。どこかのクラブが1億500万ポンド(約146億円)以上のオファーを提示しなければ、彼はクラブに残留する」と話した。

 ユナイテッドが1億500万ポンド(約146億円)を準備しているとも報じられているが、果たしてフェリックスは今夏移籍となるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/25(土) 23:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事