ここから本文です

親と同居する未婚者が増加、実家暮らしの気楽さが「社会性」奪う側面も

5/26(日) 7:00配信

マネーポストWEB

 親の代理婚活を推進する結婚相談所「オフィス・アン」代表の斎藤美智子さんも、「恋愛経験のない奥手な男女が増えている」と指摘する。

「婚活の場においても、相手と1対1の関係を築けない人が多い。そういう人は自分のことだけを一生懸命にしゃべったり、一方的に相手を質問攻めにしたりするので、会話のキャッチボールができません。“その年までなぜ結婚できなかったんですか?”などといった相手を傷つけるような質問を平気でする人もいる。

 リアルな言葉を交わさなくてもLINEのスタンプだけでやりとりができてしまう現代社会では、恋愛が成就するようなコミュニケーション力が育ちづらいのではないでしょうか」(斎藤さん)

 斎藤さんの経験からも、親と同居する子供は婚期を逃しやすいという。

「親と子供が同居している家は、家族同士の仲がいいことが多く、“寂しくないから、まあいいか”と結婚を焦らなくなるんです。実際、うちの結婚相談所に入会する親の8割は、子供と同居しています」(斎藤さん)

 もしわが子かわいさに提供する衣食住や一家の団らんが、逆に恋愛や結婚の機会を遠ざけているのだとしたら、何とも皮肉な話である。

※女性セブン2019年6月6日号

2/2ページ

最終更新:5/26(日) 7:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい