ここから本文です

トランプ大統領の相撲観戦をお膳立した“安倍ファミリー” 「座布団が飛ばせない」とブーイングも〈週刊朝日〉

5/26(日) 14:50配信

AERA dot.

 まもなく迎える大相撲千秋楽に向けて、「トランプシフト」が敷かれ始めたようだ。

 25日に来日したトランプ米大統領は26日午後、東京・国技館で大相撲を観戦する。当日券の販売数を通常の約半数に制限するなど、角界関係者は対応に追われている。

「政府側から、千秋楽の桝席は売らないでほしいといわれたのは、1か月ほど前。何があるのかと思えば、トランプ大統領の観戦だという。天皇陛下が利用される貴賓席では使わないというのでびっくりするばかり。担当者は毎日、警察の警備との打ち合わせでふらふらになっている」(相撲協会幹部)

なぜ、こんなアイデアが生まれたのか?

安倍首相は令和はじめての国賓をトランプ大統領とし、かつ「絶対に満足してもらえる、アイデアを出せ」と周囲に言っていた。今回の相撲観戦のアイディアを提案したとされるのは、阿達雅志国交省政務官。

 阿達氏は義父である元運輸相の佐藤信二氏の事務所に入ってから政界入りしたサラブレットだ。

「阿達氏の義父、佐藤信二氏は佐藤栄作元首相の次男。つまり佐藤元首相の実兄・岸信介元首相の娘である安倍首相の母、洋子氏さんとはいとこ同士という間柄で、阿達氏も安倍ファミリーの一員です。トランプ大統領が大統領選挙で勝って、その就任前に安倍首相が真っ先にNYのトランプタワー会いに行ったが、それをアレンジしたのも阿達氏。トランプ大統領にパターをプレゼントしたアイデアもそうでした」(自民党幹部)

 なぜ、そんなことができるのか。

 阿達氏は東大法学部を卒業してアメリカで弁護士資格を取得。その後、住友商事を経て、政界入りした。

 阿達氏は2枚の名刺を持っており、1枚は参院議員、もう一枚は世界的な法律事務所、「ポール・ワイス・リフキンド・ワートン・ギャリソン外国法事務弁護士事務所・顧問」という肩書のものだ。

 この法律事務所は世界的にも知られており、アメリカだけでなく北京やロンドン、香港などにも事務所がある。実はトランプ大統領とも近い法律事務所で、連邦取引委員会のトップにはこの事務所の弁護士がついているおり、トランプ大統領の民事事案の相談にも乗っているという。

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 14:50
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい