ここから本文です

星付きレストランが京都で手がけるオーガニックラーメン|寺尾妙子のNEWSなレストラン

5/26(日) 12:05配信

Casa BRUTUS.com

前菜からの3品が、メインのラーメンまで盛り上げてくれる。

春先ならタケノコやアスパラガスなど、旬の野菜をソテーまたは煮物で。2品目は餃子をイメージしつつ、〈クローニー〉らしさも感じさせるラビオリ。その後に京茶飯だ。

ラーメン直前に炭水化物? と一瞬、引くかもしれない。だが、そこはちゃんと計算されている。「麺が伸び過ぎず、スープが冷めないうちに食べてもらいたい」という思いから、ラーメンは軽めの量、茶飯もスタンダードでもごく軽め、さらに小サイズも選べる。岩塩やひと口ずつの惣菜が一緒に出てくるのだが、お酒のアテにもなり、煮卵はラーメンの具にもできる。なかなか、よく考えられているのだ。

海外からのゲストも多い京都から、新しい日本文化を発信したいということで、あえてワインは置かず、アルコールは日本酒とビールのみ。また、サービスマン全員がソムリエという〈クローニー〉が手がけているだけあって、フリーの麦茶ですら、ワイングラスに注がれるあたりもさすがだ。もちろんオーガニック。

ラーメンは不健康とか、サクッと食べる軽食、そんな既成概念を覆す、ヘルシーでいて優雅なひとときを過ごす、それがこの〈ル・セル〉なのだ。

photo_Kunihiro Fukumori text_Taeko Terao editor_Rie Nishikawa

2/2ページ

最終更新:9/3(火) 19:16
Casa BRUTUS.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事