ここから本文です

脱汚部屋!家にあったら捨てるべきものトップ5を大公開

5/26(日) 7:52配信

サンキュ!

キレイな家はものが少ない――当たり前のことですが、実践するとなると意外と難しいですよね。今回は、予約半年待ちの「片づけ名人」である山口奈穂子さんに、プロの視点から「家に置かない・捨てるべきもの」について教えてもらいました。もしコレが家にあったら、周囲から汚い家と思われてしまうかもしれませんよ!

元・汚部屋の住人99%が成功☆家が片づく究極の法則6 とは?

■教えてくれたのは…山口奈穂子さん
カジタクに所属する、予約半年待ちの「片づけ名人」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

家に置かない・捨てるべきもの1:不要なダンボール

引っ越し時に出た段ボールや、ネット通販で購入した商品が入っていた段ボールなどを、家の中に置きっぱなしにしていませんか? もしあったら、いますぐ捨てましょう。

段ボールはものを運ぶときや一時的な収納には大変便利ですが、室内の目に見えるところにあると途端に、お部屋が「倉庫」や「物置」のような印象になってしまいます。

また収納という点においても、じつはちゃんと管理しないと逆効果になることも。中身が見えないので、なんとなくものを入れてそのまま保存すると、何が入っているダンボールなのかが開けるまでわからない事態に。

余程の理由がない限り、ダンボールは家に置かない。用が済んだら中身を出して、すぐ捨てるようにしましょう。

家に置かない・捨てるべきもの2:放置してあるぬいぐるみ

ふわふわモコモコでかわいいぬいぐるみ。なんとなく捨てづらいものですが、とくに思い入れもなく、ホコリまみれになっているようであれば、いますぐ手放すべきでしょう。

ホコリをかぶったぬいぐるみは、見た目が美しくないだけでなく、ホコリとダニによる健康被害が起きる可能性もあるからです。大切にしたいお気に入りのぬいぐるみは、定期的にホコリをチェックし、場合によっては洗濯するようにしてください。

家に置かない・捨てるべきもの3:足に合わなくなった靴

履くと脚が痛くなる、履き心地が悪い…けど、せっかく買った靴を手放すのは躊躇してしまう、という人は少なくないでしょう。

しかし、いくらステキな靴でも、合わない靴を我慢して履いて歩いている姿は、はたから見ても無理しているなとわかってしまいますよね。なにより、ご自身の健康に影響してしまいます。履かない靴は限りある収納スペースを無駄にすることにもなるので、思い切って手放しましょう。

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 7:52
サンキュ!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サンキュ!

株式会社ベネッセコーポレーション

毎月2日発売

毎日の生活を豊かにHAPPYにする情報誌
【切り取りBOOK】40代なのに貯金がない!?

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事