ここから本文です

F1やモトGPから得たノウハウも注入!? ホンダの船外機や汎用エンジンの高い実力を再認識

5/26(日) 10:05配信

WEB CARTOP

滅多に報道陣に公開されない工場を特別に取材

 ホンダのパワーユニットを積んだレッドブルF1のマックス・フェルスタッペン選手が、2019年F1開幕戦オーストラリアGPで3位入賞。ホンダにF1復帰後、初のポディウムをもたらしたわけですが、ホンダのパワーユニットというのはF1を頂点とした四輪車、MotoGPを頂点とした二輪車だけでなく、さまざまなシーンでいろいろな用途に使われています。

【写真】滅多に報道陣に公開されない船外機などの製造ライン

 代表例が、ボートなどを動かす船外機、畑で使われる耕うん機。発電機、除雪機、芝刈り機などもホンダは作っています。そうした船外機や汎用エンジン機を統括しているのがパワープロダクツ事業本部。船外機を作っているのが「パワープロダクツ事業本部 細江船外機工場」です。すぐに製品テストができるよう、浜名湖に隣接した細江船外機工場では、おおよそ年間10万機のペースで船外機が生産されているということです。生産する製品のラインアップも8馬力の「BF8」から250馬力の「BF250」まで幅広く、それらがフレキシブルな生産ラインにて組み立てられているといいます。

 滅多に報道陣へ公開されることのない細江船外機工場を、今回取材することができました。船外機というのはエンジンからギヤを介してダイレクトにプロペラ(スクリュー)を回しているという構造です。そのため完成品の状態でいうとエンジンは、クルマとは異なりクランクシャフトが縦に貫くように置かれているのですが、そうした構造も組み立てラインでは見ることができました。

 しかも、出力の大きな船外機で使われているエンジンは、四輪車で見覚えのあるものばかり。V6エンジンはレジェンドなどで使われているものと基本的に同じということです。それだけの大出力のある船外機まで、細江船外機工場では有資格者により完成機検査を実施しています。小さな水槽で完成機検査を行う際に、プロペラがついたままではトラブルになってしまうので「ムリネ」という一定の負荷をかけられるものをプロペラの代わりに付けるというということも教えてもらいました。

 工場の中をひとまわりした後は、生まれて初めてのボート体験です。細江船外機工場内の小さな港で乗り込んだボートの後方に備え付けられていた船外機は、「BF135A」。名前の通り135馬力で、エンジンは2.4L4気筒を使っています。ホンダのファンならご存知の「K24A」型と基本的に同じユニットということです。

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 10:05
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事