ここから本文です

マイクロプラスティックは風に乗り、雪深い山脈まで覆い尽くしている:調査結果

5/26(日) 13:10配信

WIRED.jp

フランスのピレネー山脈に連なる雪山は、風に乗って遠くから運ばれてきたマイクロプラスティックに覆われている──。そんな衝撃的な調査結果が発表された。手つかずと思われている自然にもプラスティックが侵食している事実から、わたしたちの想像以上に環境汚染が進んでいる可能性が浮き彫りになってきた。

洗濯するだけでも環境に飛散

スペインとの国境からそれほど遠くない、フランスのピレネー山脈に連なる山の頂に測候所がある。周囲はほとんど手つかずの自然で、ほとんどは数フィートの高さまで積もった雪に埋もれている。最も近くにある道路は冬期は閉鎖され、60マイル(約100km)以内にある最も人口の多い町でも9,000人しか住んでいない。

そんな風景を詳しく調べていくと、実はプラスティックに覆われているという事実が見えてくる。2017年11月から18年3月にかけて研究者たちが測候所の集水槽から水を集め、マイクロプラスティック(約5mm未満のプラスティック片)が含まれていないか検査したところ、1平方メートルあたり平均365個が毎日降下していることがわかったのだ。

どこから来たのかは不明だが、南に100マイル(約160km)離れたバルセロナなどの大都市から、風に乗って運ばれてきた可能性がある。

この発見により、プラスティック汚染の新たな恐怖が明らかになった。フランスのパリや中国・広東省の東莞市といった大都市の空気にマイクロプラスティックが浮遊している可能性は、科学者の間ですでに知られている。だが、どのくらい遠くまで運ばれる可能性があるかについては、まだ示されていない。

今回は短期間の予備調査であり、ほかの研究者によるさらなる研究が必要となる。しかし、この発見が意味することは、世界各地の手つかずと思われている環境にとって、生態系にとって、そして人間の健康にとって衝撃的だ。

形状や種別によって移動がどう変わるのか?

ご存じの通りプラスティックの主な問題は、分解されるまでに1,000年近くを要するうえ、環境のあちこちを移動し続ける点だ。しかも、プラスティックボトルのようなものが分解されるときは、小さなかけらとなって剥がれ落ち、マイクロプラスティックとなって生物の体内に入り込む。これは海の中で特に深刻な問題であり、研究もかなり進んでいる。ある調査では、英国の近海でサンプル採取されたムール貝のすべての体内で、マイクロプラスティックが見つかっている。

今回の調査で見つかったサンプルからは、ポリスチレンからポリエチレン、ポリプロピレンまでさまざまな種類のプラスティックが見つかっている。現時点でまだよくわかっていないのは、プラスティックの材料特性に基づいて大気中の移動がどのように変わるのかという点だ。

また、マイクロプラスティックの形状が膜や繊維、あるいは破片のどれに近いかによって、移動に影響があるのかもわかっていない。表面積が広い膜のほうが破片より遠くまで運ばれるだろうと推測する人もいるだろうが、それについてはまだ実験さえ行われていない。

フランス国立科学研究センターの一部門であるエコラボ(EcoLab)の環境汚染科学者であり、『Nature Geoscience』誌オンライン版に発表された今回の論文の共同執筆者であるデオニー・アレンは、次のように語る。「いま取り組んでいる課題のひとつは、これらのプラスティックが大気中を3次元的にどう移動するかを実際にモデリングして、どこから来たのか突き止められるようにすることです」

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 13:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事