ここから本文です

【PANCRASE】摩嶋一整「KID選手は優しかった。『KRAZY BEEの選手と当たらないといいね』と言ってくれて……」=5月26日(日)「PANCRASE 305」でKRAZY BEEの田村一聖と対戦

5/26(日) 14:30配信

ゴング格闘技

5月26日(日)に東京・新木場のスタジオコーストで開催される「PANCRASE 305」第8試合 フェザー級戦で、現ランキング5位で元UFC&元PANCRASEフェザー級王者の田村一聖(KRAZY BEE)と、現Rebel FCフェザー級王者の摩嶋一整(毛利道場)が対戦する。

【写真】個展で会ったKIDは摩嶋と記念撮影も

11連勝中、山口県出身の摩嶋は柔道がバックボーン。インターハイ出場経験も持つ摩嶋は毛利道場入門後、DEMOLITION、山口フリーファイト一心杯、グラジエイター等でキャリアを積み、2014年のVTJ大阪大会でジャックナイフツネを相手にスプリット判定で唯一の敗北を喫するが、その後は負けなし。2014年にはアマチュア修斗全日本選手権大会に出場、準決勝で松嶋こよみに敗れたものの3位入賞を果たしている。

その後、2015年にプロ修斗新人王決定トーナメント・ライト級で優勝、2016年9月「闘裸男19」で田中半蔵に判定勝ち。2016年12月にはBORDERで現環太平洋王者TOMAにリアネイキドチョーク(RNC)で一本勝ち(※摩嶋は2.2kg体重超過)も収めている。

2017年の修斗で星野勇二を2R右フックでKOに降すと海外にも挑戦。Kunlun Fight豪州大会でルーク・ジョーンズにRNCで一本勝ち、2018年4月に上海で行われたRebel FC 7では、ACBでも白星を挙げている強豪ホドルフォ・マルケスを相手にRNCで一本勝ちをマーク。直近では地元・山口で開催された闘裸男22で体重超過ながら天草ストロンガー四郎にリアネイキドチョークでタップを奪うなど、3連続チョークでの一本勝ちを収めている。

堀江にKO勝ちした田村一聖vs.田中半蔵に勝利した摩嶋一整。一本勝ち率8割越え、UFC参戦を目指す摩嶋にとっては、ONEのパートナーシップが発表されたPANCRASEで、実力者との試合で結果を残しメジャー行きを狙うのか。

対する田村は一期倶楽部での空手の距離と強打、強い組み力をMMAで融合させ、2015年のPANCRASE参戦から5勝2敗。黒星は2017年3月に現PFLファイターのナザレノ・マレガリエに、2018年9月に中島太一相手に喫した2戦のみ。堀江圭功、鈴木琢仁といった上り調子の若手の大きな壁として立ちはだかっており、13勝1敗の摩嶋一整も止めるか。

大会前日、山口から東京入りし、無事計量をクリアした摩嶋に話を聞くと、対戦相手・田村一聖の所属するKRAZY BEEの総帥・山本“KID”徳郁さんへの熱い想いを語り始めた。

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 14:30
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事