ここから本文です

令和に買いたい!【250ccスポーツ】2019ニューモデル大集合 #25

5/26(日) 11:55配信

WEBヤングマシン

レブルやセローが人気。ネオクラ勢もクル?!

様々なジャンルのニーゴースポーツが集結。いずれも身近で、操る楽しみに満ちている。フルカウルスポーツに人気が集まるが、セロー250の復活やCB250R、Z250の登場などがトピック。

【写真をまとめて見る】

スーパースポーツだけじゃない注目モデルたち

排ガス規制の影響でほぼ絶滅しかけたた250スポーツだが、’08年に発売したニンジャ250(当時名称はニンジャ250R)がヒットし、ニーゴーブームが巻き起こった。2019年、フルカウルスポーツ以外のジャンルに大きな動きはないが、昨年はレブル250がヒット。アドベンチャーブームが大型から250に波及し、車種がイッキに拡大したのは記憶に新しい。長寿モデルのセロー250が規制対応して復活したのも朗報だ。

*ホンダ CB250R:初のマイナーチェンジを受けたミドルネオスポーツカフェ

鋼管フレームにシングルエンジンを搭載し、LEDヘッドライトや倒立フロントフォーク&ラジアルマウントブレーキキャリパーで質感を高めたネイキッド。今春には、ステップまわりの形状変更とリヤサスの仕様変更(乗車1Gの沈み込み量増)により足着き性向上を図るマイチェンを実施した。

【HONDA CB250R 2019】主要諸元■水冷4スト単気筒 249cc 27ps 2.3kg-m 144kg 10L シート高795mm ●価格:55万4040円

フルデジタル液晶メーターを搭載。エンジン回転数に応じて点滅周期が変化するシフトインジケーターや、回転計のピークホールド機能も。

カワサキ Z250:フルモデルチェンジで最新ニンジャ250ベースに

フルカウルスポーツのニンジャ250を、バーハンドルのストリートファイターに変身。19年2月に、前年型で大幅刷新された現行ニンジャをベースとする新型にモデルチェンジした。パワフルな並列2気筒エンジンや、ニンジャH2にインスパイアされた鋼管トレリスフレーム、先代より太い41mm径正立フロントフォークなどは、基本設計がニンジャと共通。ABSを標準装備する。

【KAWASAKI Z250 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 248cc 37ps 2.3kg-m 164kg 14L シート高795mm ●価格:59万7240円

1/5ページ

最終更新:5/26(日) 11:55
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年10月号
8月23日発売

定価880円(税込)

大特集:銀のバリ伝 その先のバイクライフ
新カタナ・カスタム特集
2019鈴鹿の暑い夏
別冊付録:世界初・日本発 列伝

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事