ここから本文です

機嫌が悪い時は、子どもに理由を説明しよう。その深いわけ|育児ハック

5/26(日) 17:14配信

ライフハッカー[日本版]

子どもが完璧主義に陥るのは、親の影響?

もちろんそうです。多くの場合、親が言ったことよりも、むしろ親が口に出さなかったことのほうが、影響は大きいように思います。

母親が仕事から帰ってくるのをワクワクしながら待っている、幼い子どもの例で考えてみましょう。

家に帰ってきた母親の機嫌は良くありません。

子どもは「お母さんは私の顔を見て大喜びしてくれるはず」と期待していますが、実際の母親はほとんど反応を示さないばかりか、ひどい場合には、目に見えてイライラしています。

親なら誰もがこうした態度を取ることがありますよね。でも、なぜそうなったのかをきちんと説明しないで放っておくと、子どもの心に完璧主義を植え付ける結果になりかねません。

母親が娘に対し、「お母さんはあなたの顔が見られてとっても嬉しい。でも、今日はお仕事で大変なことがあって、悲しくて疲れているの」と説明してあげれば、話はだいぶ違ってきます。

私が強調したいのは、子どもの年齢にかかわらず、説明は必要だという点です。まだ本当に小さくて、親が話していることの意味がわからないような年齢でも、ぜひこうした話をしてあげてください。

親が自分の気分について子どもに説明すると、子どもの情動や心の知能指数(EQ)の発達が促されます。けれども、効用はそれだけにとどまりません。

「人は時に不機嫌になるけれど、それは普通のことで、誰かのせいではない」ということを、子どもに教えることができます。

それによって、時には不機嫌になって構わないのだという許可を子どもに与えることにもなります。また、親が不機嫌になった時も、子どもはそれを受け入れられるので、自分のせいだと考える傾向にじかに対処できます。

子どもの完璧主義を改善するために、親にできることは?

子どもが努力によって成し遂げた成果よりも、そこにいたるまで(本人が努力を積んだ)過程を褒めるようにしてあげてください。

「よくやった、スペリングテストで良い成績だったね!」と言うよりも、「スペリングテストに向けて、一生懸命勉強したことを誇りに思うよ」と声をかけるほうが効果的です。

人は結果ではなく、努力を褒められたほうが嬉しいものです。

ですから、同じ褒めるのでも、「その服を着た君はとてもきれいだね」と言うより、「そのコーディネートは君らしさをとても良く表現しているね」と言うほうが、相手に喜んでもらえるはずです。

子どもの心に配慮しながら褒め言葉を届ける方法としては、「Nurtured Heart Approach」と呼ばれるメソッドもあります。

簡単に言うと、子どもが特定の課題について挙げた成果を、その子の特質と結びつけて褒めるやり方です。

「とても賢いね」と言う代わりに、「あの質問に答えられたのを見て、君がどれだけ賢いかわかったよ」と言うのです。

あまり良い例ではありませんがイメージは伝わるかと思います。

子どものしたことの中から、褒めるべき特質を具体的に表している事柄を見つけ出すわけです。具体的でない褒め言葉はワンパターンになりがち。

その結果、子どもはいつも同じことを言われて、「この人の言っていることはウソだ」と思うようになってしまいます。

子どもというのは、良くも悪くも保護者の支配下にある存在です。

一般的には、保護者の機嫌が良ければ優しく接してもらえるので、子どもは安心感が得られます。

逆に、親の機嫌が悪いと、子どもの側は、親との関係そのものが絶たれたように感じるものです。

3/4ページ

最終更新:5/26(日) 17:14
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ