ここから本文です

エリザベス女王主催イベントには毎年3万人以上の招待客が! 歴代パーティをアルバムでプレイバック

5/26(日) 23:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

毎年夏になると、エリザベス女王は、ガーデンパーティに3万人以上のゲストを招くという。開催されるのは、ロンドンのバッキンガム宮殿とスコットランドのホリールード宮殿で、計4回。幸運にも招待状を手にできるのは、慈善団体や公共部門に従事する人たちだが、英国の住民が自らパーティ出席への申請をすることはできない。ドレスコードは、女性ならドレスにファシネーター、男性ならモーニングコートもしくはスーツを着用するのがお決まり。

【写真】ファンが捉えた、見たことのないロイヤルファミリーの瞬間

今年はキャサリン妃がバッキンガム宮殿で行われたパーティに参加し、アレキサンダー・マックイーンのコートドレスにジュリエット・ボタリルのハットを合わせたピンクのワントーンコーデを披露した。女王主催とあってか、ゲストもロイヤルファミリーもいつになくおしゃれ。各時代を感じさせるファッションにも注目しつつ、このパーティの歴史を振り返ってみよう。

2019年

バッキンガム宮殿のガーデンパーティに、キャサリン妃とウィリアム王子が揃って現れた。ローズピンクがお似合い!

2012年

2011年4月にウィリアム王子と結婚したキャサリン妃が、ガーデンパーティデビュー。カミラ夫人、アン王女、チャールズ皇太子と一緒に現れた。

2005年

フローラル柄の華やかなドレスでゲストたちを歓迎するエリザベス女王。

1991年

7月に開催されたガーデンパーティに参加したダイアナ元妃。鮮やかなドレスとハットで。

最終更新:5/26(日) 23:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事