ここから本文です

冬物コート、来年の冬までどうやって保管する? クリーニング屋さんに聞きました

5/26(日) 22:11配信

ライフハッカー[日本版]

まだまだ朝晩は冷え込みますが、日中は暖かい日が続いていますね。もう冬物コートをクリーニングに出した人も多いでしょう。

【画像】冬物コート、来年の冬までどうやって保管する? クリーニング屋さんに聞きました

私もこの間ドライクリーニングを終えたコートが戻ってきました。しかし、よく考えたら比較的気候が穏やかな国ばかり住んでいた私は、冬物の正しい保存方法を知りません。

そこで、綺麗にした冬物類ってどうやって保存するのがベストなのか、信頼できる地元のクリーニング屋さんにアドバイスしてもらいました。

今回協力してくれたのは、機械仕上げが主流の中、手仕上げにこだわる白井クリーニング(メーカーズシャツ鎌倉認定店)の千田達矢さん。

冬物衣類の集荷と配送をしてくれたので、配送時にいろいろと相談にのってもらいましたよ。

ビニールカバーは外して風通しを良く

クリーニングから戻ってきた衣類を、ビニールカバーに入れたまま保存していませんか?

私はそうでした。埃から守れるし、何となく綺麗に保存できる気がして。しかし、これはNG。湿気がこもってしまうので、外すのが基本だそうです。

そして、保存する場所は陽が当たらないけれど風通しが良い場所がベターとのこと。

我が家は直射日光が入らない納戸の窓際にハンガーラックを置きました。

普段は障子を閉め、定期的に風を通するようにしました。洋服ダンスに入れる場合は定期的に開けて風通しをした方がいいようです。

理想はハンガーラックで、かける時は服と服の間に隙間を開けてあげるといいのだとか。高級ブティックのディスプレイは間隔を開けてかけてありますが、あんな感じがいいようです。

虫食いを予防するには

私は今回カシミアのコートの虫食い修繕もお願いしました。

袖を通したらブラッシングし、ハンガーいつる下げるタイプの防虫剤をつけて、冬が終わるとドライクリーニングに出していたのですが、腕部分に2箇所も虫食いができていました。

千田さんによると、ドライクリーニングでは水溶性の汚れを落としにくく、特に果物の汁やアルコールが黒っぽい衣類に付いてしまった場合、乾いた状態ではシミを見つけにくいため、結果的に虫食いになってしまうことがあるとのこと。

汚れが付いた部分を把握し、クリーニングの際に染み抜きを依頼するのがいいでしょう。

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 22:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事