ここから本文です

松山ケンイチが語る、岡田准一と共に作り上げた『白い巨塔』の裏側 「今の時代にも通ずる」

5/26(日) 12:04配信

リアルサウンド

「ぶれることなく自分の芯を貫いている」

 5月22日から26日まで、テレビ朝日開局60周年記念として5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』が放送される。本作で、岡田准一扮する財前五郎の親友兼ライバル・里見脩二を演じるのが松山ケンイチだ。

財前五郎を演じたのは岡田准一【写真】

 里見は財前と同期の内科医で、出世には関心がなく、患者を診ることと自身の研究だけに心血を注ぐ。“腹腔鏡のスペシャリスト”として医学界に名を馳せ、野心に溢れた財前とは対極の人物だ。

 これまで幾度となく映像化されている作家・山崎豊子のベストセラー小説をドラマ化した本作で、松山はどう里見脩二という医師を演じたのだろうか。『白い巨塔』や里見脩二という人物の魅力、そして岡田准一との共演について語ってもらった。

ーー『白い巨塔』で里見脩二を演じると決まった時の感想を教えてください。

松山ケンイチ(以下、松山):以前、テレビ朝日の開局55周年の際に『オリンピックの身代金』で声をかけていただいて、また呼んでいただけたことはすごく嬉しかったです。岡田(准一)さんと鶴橋(康夫)さんと一緒にできるということで、どんな役でもやりたいという感じで(笑)。里見は好きになった役でしたね。やれてよかったです。

ーー何度も映像化されている『白い巨塔』ですが、松山さんはどんなイメージを持っていますか?

松山:僕の中で『白い巨塔』は、唐沢寿明さんが髪をオールバックにして、大名行列で歩いてくる、というイメージ。膵臓癌になって最期にベッドの中で髪がオールバックじゃなくて全部おりて、子どもみたいになっているのが印象的でした。物語というよりは、唐沢さんの演技の幅がとにかくすごいなと。この2019年にもう一度『白い巨塔』をやるというのは、今の時代にも通ずる普遍的なところがあるんだろうなと思います。

 最初に台本を呼んだ時に、これが社会の縮図なのかなと思ったんですよね。病院という限られた小さな世界の話でもありますが、いろんな人が、善悪が織り混ざった世界の中で生きている。医療指導の先生たちと話す中で、僕の中でも疑問に思うところがあって。当たり前だと思っていることも、立場が変わるとまったくそうではなく、医者と患者の間には、常に価値観の違いみたいなものが存在している。『白い巨塔』は医者目線の話ではありますが、患者側ももう少し自身で考えなきゃいけない部分もあるんじゃないかと。今、どういう医者がいればいいのか、というところを考えながら演じました。

ーー松山さんから見て、里見はどんな医者ですか?

松山:岡田さん演じる財前が、パワーに溢れた、みんながひれ伏しちゃうんじゃないかというほどカリスマ性のある役で、里見とは医者としてのスタンスが正反対です。だから演技も正反対でいいんじゃないかと思いました。里見は影が薄くて、みんなを引っ張ることができない(笑)。でも、それを悲しんでいるわけではないのが里見です。へんなところで怒ったり、医者としてのこだわりは強くあって、どこまでも変人になれそうな役ではありますが、鶴橋さんとはあまりそういうのも違うよね、と事前に話しました。

ーー自分がこれだと決めた一つを突き詰めているのが、里見の魅力なのかと思います。

松山:里見は、「人の命を救う」というような大きなことを言わずに、「病気自体をすぐ発見できることで、患者自身が選択をすることができるための研究をしている人」だと思います。出世や名誉、お金に対して、自分の中ですでに十分足りているということを知っている。そこが、財前や他の医者とは違うところかなと。

 里見は、学生時代からその1点だけを突き詰めていて、最初から変わらず、その場から動いていない。ある意味では向上していないのですが、自分が導き出した目的に対してずっと取り組んでいる人です。どこかのタイミングで、これをやったほうが褒められるとかお金になるとか、大学のためになるとか判断して方向転換をしていく人もいますが、その雑音に耳を貸さなかったというのが、すごいですよね。やっぱり、同じところにずっと継続していることはすごく難しいことだと思います。単純に飽きるし、時代が変わってどんどん新しいものも出てきて、もしかしたら自分が研究しているものより、いいものが生まれてくるかもしれない。でも、周りに流されることなく、ぶれることなく自分の芯を貫いている。そんな里見を認めてくれる人もきっといると思いますし、そこが財前との一番の違いかなと。

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 12:04
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ