ここから本文です

美ボディすぎるお天気お姉さん

5/26(日) 23:10配信

GOETHE

昨今、韓国では健康志向が高まり、身体を鍛える人が増えている。韓国の各地で大小さまざまなボディビル大会や“美ボディ・コンテスト”が開催されており、そこから輩出された“マッスル美女”たちが脚光を浴びている。美しく健康的な“美ボディ女神”たちをシリーズで紹介する。【マッスル美女FILE29】

【写真をみる】美ボディすぎるお天気お姉さん

イメージを一新したかった

「美ボディすぎる気象キャスター」として、韓国で話題沸騰中のマッスル美女がいる。チャ・スジだ。

気象キャスターとは日本風で言うところの“お天気お姉さん”のこと。韓国では気象予報士の資格を持たす天気予報を伝えるアナウンサーをそう呼ぶのだが、現在、韓国の地域放送局で気象コーナーを担当しているチャ・スジは、勤続8年目のベテラン女子アナでもある。

気象キャスターとしてお茶の間の人々にその日の空模様を伝えるだけでなく、フリーアナウンサーとして各種イベントの司会進行を行い、ときには大学の講義に登壇するなど、多岐にわたる活躍を見せている。

“お天気お姉さん”の愛称で親しまれる日本と同様にタレント並みの人気を誇る気象キャスターだが、韓国では顔立ちの美しさだけでなく、磨き上げたスタイルで注目を集める者も少なくない。最近は大胆なグラビアに挑戦する女性キャスターも続々と登場し、ネット界隈で何かと話題になるほどだ。

そんな韓国でチャ・スジただ一人に“美ボディ”の肩書きが与えられたのは、一体なぜなのか。実は彼女、気象キャスター史上初のフィットネス大会出場者なのである。

完璧なボディラインを武器に、韓国で行われた大小さまざまなフィットネス大会に出場して入賞を果たしているチャ・スジ。先月行われた韓国最高峰のフィットネス大会『マッスルマニア』では惜しくも賞を逃したが、見事なヒップラインと脚線美は毎回高く評価された。

最近は韓国のフィットネス専門誌『MAXQ』の表紙も飾り、業界からの注目も熱い。

彼女はフィットネス界での目覚ましい活躍について、「イメージを一新したかったんです」と話している。

「8年という経歴の長さから、プロとしては成長できたけど次第に慣れが生じてしまって。新鮮な気持ちや、胸がときめくような出来事が段々遠い存在になってしまいました。何か新しいことに挑戦しようと思ったときに、“どうせなら、気象キャスター界で初めてのことをやろう”と思ったんです」

ベテランキャスターという現状に甘んじることなく、新たな挑戦によって自らを奮い立たせようとしたわけだ。しかも、イメージチェンジという些細なきっかけであったにも関わらず、その決断は“人生の転機”となり大きな変化ももたらしたという。

「実は、トレーニングを始める前はいわゆる“ポッチャリ体型”で…今とは随分印象が違いました。身体を作ろうと決心してからは、14kgも減量することに成功したんですよ。

健康的な身体を手に入れてからはフィットネス選手のイメージも相まって、活躍の場がかなり広がりました。地上波の朝のワイドショーでも私のことを取り上げていただいて、スタイルが評価されて『MAXQ』の表紙も飾らせていただいて…以前の私なら考えられないですね。とても光栄です」

そう語るチャ・スジの一日は、有酸素運動から始まるという。朝の空腹時に40分以上行うことが、脂肪燃焼を促すポイントだとか。その後は午前と午後に2時間ずつのウェイトトレーニングを実施。最後は筋肉をほぐすために30分程度の軽い有酸素運動を行うのが彼女のルーティンワークだ。

特に重要視しているのは、体幹トレーニングだという。

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 23:10
GOETHE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事