ここから本文です

香取慎吾の個展を見にヲタ活、“会えないファン” が感じた「明日への励まし」

5/26(日) 19:00配信

週刊女性PRIME

 近年はSNSの充実で、地方からも全国的な人気を獲得するコンテンツが誕生している。これからも確実に地方からスターは生まれ、それらの命は、東京のエンタメ観では見つけられない場所で産声をあげています。そんな輝きや面白さを、いち早く北海道からお届けします。(北海道在住フリーライター/乗田綾子)

【写真】アーティスト香取慎吾の個性的な作品たち

 少し前の話になりますが、北海道から飛行機に乗り、東京・豊洲にて開催中のアート作品展『サントリー オールフリー presents BOUM ! BOUM ! BOUM ! 香取慎吾NIPPON初個展』を見にいってきました。

 この行動をアイドルファン的な言葉で表現すれば「ヲタ活」。でも当日の私がそう思い過ごせないほど緊張していたのは、きっと好きなアイドルに“いまだ会えていない”地方民だからでしょう。

 香取さんを含む元SMAPの3人が『新しい地図』を立ち上げて約1年半。ここまでの活動の中で3人は公式SNSの開設、AbemaTVでのレギュラー番組など、着実に新しい活躍の場を広げてきました。しかし、地上波テレビ各局への番組出演は、減少したままになっています。

 テレビ露出が生命線だった地方ファンにとって、首都圏・関西方面に集中する出演舞台や、同じく縁の遠い番組観覧でその喪失を埋め合わせることは、やはり困難なのが実情。

 だからこそ、子どものころからずっとテレビでSMAPを見ていたファンの私は、初めて触れるSMAP以降の香取慎吾を前にして、さまざまな感情がひときわ去来していたのだと思います。

ファンをアイドルの“聖域”に踏み込ませる

 今回、香取さんの個展会場となったIHIステージアラウンド東京は、国内はおろか世界でもかなり珍しい円形劇場。客席が360度回転可能という特徴があり、これまでは劇団☆新感線による『髑髏城の七人』など、主に演劇の舞台として使用されてきました。

 そして香取さんの個展自体も、最初はまるで何かのライブかのように、客席でのオープニング映像鑑賞からスタートしていきます。

1/3ページ

最終更新:5/26(日) 19:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8/13号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事