ここから本文です

ひきこもりの34歳長男を抱える家族、両親死後の不安を“月3万円”の貯蓄で払拭

5/26(日) 6:10配信

オトナンサー

 筆者は相談現場でひきこもりのお子さんとお会いし、お話をする機会もあるのですが、皆さんそろって口にするのが「お金」の不安です。「親子でお金の話をするのはタブー」というのはもう昔の話。「お金」の見通しを親子でしっかりと共有する方が望ましいケースもあります。

長男に残せるお金は300万~400万円

「今は親のお金で何とか生活できていますが、親が死んでしまった後、お金はどのくらい必要になるのか分からず、とても不安です」

 あるご家族と面談していた際、ご長男(34)は視線を落としたままつぶやきました。

 お父さま(60)もお金の不安を口にされました。

「現在は(定年後の)継続雇用で働いています。給料は現役の頃の半分くらいになってしまいました。妻(59)はずっと専業主婦だったので、これから仕事を始める予定は今のところありません。長男にお金を残してあげたい気持ちもありますが、せいぜい300万~400万円くらいになりそうです。これじゃあ、どうしようもありませんよね…」

 しばらく、重苦しい沈黙が続きました。ご家族のお金に対する不安がひしひしと伝わってきます。そこで、筆者はこう提案しました。

「お金の不安ははっきりさせてしまった方がよい場合もあります。親亡き後、どのくらいお金が必要になりそうか、大まかに試算してみることにしましょう」

 ご長男が65歳から、親亡き後の生活を始めると仮定して、収入と支出の大まかな見通しをご家族の意見を伺いながら立ててみました。

【長男が65歳から一人暮らしを始めた場合の収入・支出】

■収入 公的年金 月額6万円(介護保険料天引き後と仮定)

■支出 月額12万円
(内訳)
基本生活費 月額7万円
家賃 月額5万円

82歳までに1224万円不足する計算

 作成した一覧表に書き込みをしながら、筆者は説明しました。

「収入の6万円から支出の12万円を引くと、月6万円の赤字になります。仮に、ご長男が平均余命の82歳まで生きたとして、65歳からの17年間、一人暮らしをする場合、6万円×12カ月×17年=1224万円不足します」

「結構大きな金額ですね…これだけのお金を長男に残せるかどうか」

 そう言ってお父さまは小さなため息をつきました。お母さまとご長男の顔にも不安の色が浮かんでいます。

「さて、大まかな不足額が分かったところで、ここからが本番です。これから将来に向けてどうすればいいのか、一緒に考えていきましょう」

 ご家族の不安を払拭(ふっしょく)するように、筆者は言いました。

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 18:56
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事