ここから本文です

【名古屋】「DFと同じ動きしかできず…」ホーム初黒星に風間八宏監督は攻撃陣の課題を指摘

5/26(日) 22:03配信

SOCCER DIGEST Web

「いつも通りやれなかった」

[J113節]名古屋0-1松本/5月26日/豊田ス
 
 ホームでは開幕5連勝、そして503分の無失点とクラブ記録を更新していた名古屋が、本拠地・豊田スタジアムで今季初黒星を喫した。J1・13節で松本と対戦すると、16分にカウンターから杉本太郎にゴールを決められ、今季のリーグ戦ではホーム初失点。その後も松本の堅守を崩すことはできなかった。
 
 気温31℃、そしてエースのジョーを負傷で欠くなか、チームの出来はチグハグだった。後方でボールを回せどもスピードは上がらず、後半頭から前田直輝を投入して反撃に出たが、最後まで自慢の攻撃陣は沈黙したままだった。
 
 風間八宏監督は「ひとつのミスで自分たちを苦しめてしまった。まだまだ質を高める必要がある」と指摘。
 
 そして「自分たちが崩れたのは、狭いスペースに逃げてしまったこと、それから前線の選手が受けることができなかったから。なぜなら(前線の選手は)DFと同じ動きしかできなかったため。一番はそこのところで、(ハーフタイムには)いつも通りやろうという話をしました。浮き足立つというか、特に前線の選手がいつも通りやれなかったということです」と分析する。
 
 前日に首位のFC東京が敗れたため、勝点6差を縮める絶好の機会だったが、まさかの完封負けで、3位に後退。次戦までにジョーが復帰できるかは不透明で、指揮官のチームマネジメントには注目が集まる。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【名古屋 0-1 松本 PHOTO】松本がアウェーで2位の名古屋を撃破

最終更新:5/26(日) 22:04
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事