ここから本文です

【U-20W杯速報】日本、宮代大聖の左足弾で先制! メキシコを相手に1点リードで後半へ

5/26(日) 23:21配信

SOCCER DIGEST Web

立ち上がりからメキシコを押し込み藤本のチャンスメイクから宮代弾!

 ポーランドで開催されているU-20ワールドカップは5月26日、グループステージ第2戦が行なわれ、日本は日本時間の22時30分のキックオフでメキシコと対戦している。日本は第1戦、南米王者のエクアドルと1対1の引き分け。一方のメキシコは初戦でイタリアに1対2と敗れている。

【U-20日本代表|選手名鑑】U-20ワールドカップに臨むメンバー21名

 試合は、開始早々のピンチをGK若原智哉の好守で凌いだ日本が、立ち上がりから積極的なプレスで押し込む。ポゼッションでもメキシコを上回った日本は、中盤でのボール奪取から齊藤未月、藤本寛也のダブルボランチを軸にスムーズなパスワークを見せる。

 そして21分、日本はパスカットに入った藤本がワンタッチで前線へ浮き球のパスを供給。これに反応した宮代大聖が左足でゴール右にうまく流し込んで、日本が先制に成功した。

 日本はディフェンス面でも相手エースのディエゴ・ライネスを封殺。左SBの鈴木冬一やセンターバックの瀬古歩夢らがタイトな守備で隙を与えない。

 すると35分、日本は右からのクロスを田川亨介がヘディングシュート。豪快にネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドの判定でノーゴールに。

 結局、前半は1対0でタイムアップ。日本が1点をリードして終了した。

最終更新:5/26(日) 23:21
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事