ここから本文です

大坂なおみ、GS3連覇なるか 錦織は悲願の四大大会初制覇へ 全仏オープンが26日開幕

5/26(日) 9:17配信

THE ANSWER

大坂、錦織ら日本からは男女ともに3選手ずつが出場

 テニス4大大会の一つ、全仏オープンが今年も26日に幕を開ける。6月9日の決勝まで、赤土のクレーコートで繰り広げられる15日間の熱戦。パリの名所、ブローニュの森に位置するスタッド・ローランド・ギャロスで頂点に輝くのは、果たして誰なのか。

【画像】錦織と大坂がシンクロ!? 隣同士で「全く同じポーズや」と反響…大坂が公開した“お食事集合写真”の実際の投稿

 今回、日本から出場するのは、男女ともに3選手ずつ。中でも、大きな注目を浴びているのは、グランドスラム3連覇がかかるWTA世界ランク1位の大坂なおみ(日清食品)だろう。

 昨年の全米オープンで四大大会初優勝を飾った大坂は、今年の全豪オープンも制してグランドスラム2連勝中。これまで全仏オープンは3回戦で涙を呑んできたが、今回も優勝までの道のりは決して楽ではない。第1シードの大坂は、1回戦で世界92位のアンナ・シュミエドロバ(スロバキア)を迎え撃つが、2回戦では、2017年に全仏を制した世界40位のエレナ・オスタペンコ(ラトビア)と、元世界ランク1位で全豪を2度制したビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)の勝者と対戦することに。そこを勝ち抜いた場合でも、準々決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)と顔を合わせる可能性がある。決して得意とはされないクレーコートだが、成長した姿を見せたいところだ。

 男子では、世界ランク7位の錦織圭(日清食品)のグランドスラム初優勝に期待がかかる。錦織はこれまで全仏では準々決勝に2度進出するも、クレーコートでやや苦戦を強いられている印象だ。第7シードで迎える今年は、26日に行われる1回戦で世界ランク153位のカンタン・アリス(フランス)と対戦。準々決勝まで進めば、これまで全仏を11度制したクレーコートの魔術師、ラファエル・ナダル(スペイン)と顔を合わせる可能性が高い。20代最後となる今年こそ、四大大会初優勝の目標を達成したい。

ジョコビッチはグランドスラム4連覇、ハレプは大会2連覇に挑戦

 男子1回戦では世界ランク107位のダニエル太郎(エイブル)が第14シードで同16位のガエル・モンフィス(フランス)、同71位の西岡良仁(ミキハウス)が同65位のマッケンジー・マクドナルドと対戦。女子1回戦では世界ランク110位の土居美咲(ミキハウス)が第7シードで同7位のスローン・スティーブンス、同236位で予選を勝ち抜いた奈良くるみが同107位のダリラ・ヤクポビッチ(スロベニア)と戦う。

 その他、男子では全仏で通算12度目の優勝を目指すナダル、昨年のウインブルドンから続くグランドスラム4連覇に挑むノバク・ジョコビッチ(セルビア)、2015年以来の全仏オープン参戦となるロジャー・フェデラー(スイス)の行方に注目。女子ではグランドスラム優勝回数が歴代最多タイまであと一つと迫るセリーナ、2007年のジュスティーヌ・エナン(ベルギー)以来となる大会2連覇を狙う昨季覇者シモナ・ハレプ(ルーマニア)、今大会の成績次第では大坂を抜いて世界ランク1位になる可能性を持つカロリナ・プリスコバ(チェコ)、キキ・ベルテンス(オランダ)、アンゲリク・ケルバー(ドイツ)、ペトラ・クビトバ(チェコ)らが気になるところだ。

 激戦を勝ち抜き、初夏のパリで最後に微笑むのは……? 全仏オープンテニス2019はテレビ東京で26日から地上波独占放送される。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/27(月) 7:58
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事