ここから本文です

問題児ネリ、次戦でパヤノとの対戦が急浮上 米メディア「井上を凌駕することは不可能」

5/26(日) 10:33配信

THE ANSWER

パヤノかウォーレンの元スーパー王者が対戦相手に浮上

 ボクシングのWBC世界ランク1位のルイス・ネリ(メキシコ)が7月20日に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦する可能性が急浮上している。パヤノは昨年ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)初戦で井上に70秒KO負けを喫した相手だが、米メディアでは「ネリの井上超えは不可能な状況」と分析している。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

【動画】決して弱くなかったパヤノを一撃で 「パヤノの顔を見よ!」と海外記者悶絶…井上が演じた“衝撃の70秒KO”を別アングルで捉えた決定的瞬間

 ネリは元世界王者・山中慎介との2試合でドーピングと体重超過のスキャンダルを起こし、日本ボクシング界から永久追放された問題児。井上に敗れるまでKO負けのなかった強豪との対戦が浮上した。

 米メディアによると、ネリの次戦は6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)がキース・サーマン(米国)を迎えるWBA世界ウェルター級タイトルマッチの前座試合に決定。対戦相手にはパヤノかルーシー・ウォーレン(米国)という元WBAスーパー王者の2人が候補に挙がっているが、ネリにとってはパヤノこそ避けたい相手だという。

 記事では「パヤノはネリにとって失望の選択肢になる。昨年10月7日、横浜アリーナでナオヤ・イノウエによる1ラウンドKOパフォーマンスに挑戦し、凌駕することは不可能な立場だからだ」と伝えている。

 米放送局「FOXスポーツ」のペイ・パー・ビュー(PPV)での放送となる一戦。リング誌の年間最優秀KO勝利に輝いた、井上の衝撃の70秒KO劇に挑むことはネリにとって不可能だと記事では分析している。

 そして「才能溢れるサウスポー、ネリはイノウエより、もしかするとパワーに優れている、素晴らしいファイターだが、イノウエほどのスピードでパヤノを倒さなければ、何も手にできないだろう」とも続けている。難敵パヤノ戦が実現すれば、興味深い一戦となりそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/27(月) 7:56
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事