ここから本文です

「ドネアの事は好きだけど…」 井上尚弥との決勝にファンも白旗「今はイノウエの時代」

5/26(日) 20:33配信

THE ANSWER

WBSSの公式ツイッターが「勝つのは誰?」とファンに呼びかけ

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下した。決勝では5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン)と激突するが、WBSS公式ツイッターでは決勝の勝敗予想。海外ファンは「ドネアのことは本当に好きなんだが…」とレジェンドに敬意を払いつつも、大半が井上勝利を予想している。

【動画】これが井上の最強の“矛” 父の突き飛ばし騒動から衝撃259秒KOまで…DAZN USAが公開した“痛快KO劇”の一部始終

 頂上決戦を待ちきれない世界のボクシングファンに、WBSS公式ツイッターでは井上とドネアの画像とともに「どデカイ決勝がやってくる…! 勝つのは誰?」と呼びかけている。

 ファンも即座に反応。思い思いの予想と決着をイメージし、コメント欄は大いに盛り上がっている。

「イノウエによる殺戮劇」
「3ラウンド以内にイノウエ」
「モンスターの楽勝」
「イノウエはリング上の誰もを吹き飛ばす。今回は5ラウンド以内」
「ドネアには3ラウンドまで立っていてほしい」
「イノウエは大会トータル10分以内で優勝! 確実だ! グラスゴーに戻ってきて!」
「イノウエが破壊する」
「モンスターが1ラウンド」
「1ラウンドでイノウエ」
「日本の破壊マシーンが5ラウンドで」
「モンスターだ!」

 井上勝利を予想する声が大半だが、そんな中で多くのドネアファンも苦しい胸中を吐露している。

ドネアファンにとっては複雑な心境「勝って欲しいけど…」

「ドネアのことは好きだけど、不運なことに10年遅すぎた対戦。今はイノウエの時代だ」
「ドネアのことは本当に好きなんだが、序盤でモンスターが仕留めるだろう」
「ドネアを好きにならずにはいられないのだが、モンスターが破壊するだろう」
「フィリピンの閃光はリングの中でも外でも品格の持ち主だが、時代は過ぎている。イノウエは紛うことなきビースト。見ていて最高。アドバイスとしては瞬きをしてはいけない」
「ドネアには勝ってもらいたい。でも、モンスターを見切るのは難しい」
「キャリア終盤でドネアがチャンスを手にしたのを見るのは最高だ。しかし、イノウエは強すぎる。絶対に見るけど」
「ドネアに勝ってもらいたい」

 “フィリピンの閃光”の異名を取る5階級制覇のレジェンドは井上自身も尊敬するほどの人格者として有名。グラスゴーでの準決勝後もリング上で、勝者となったモンスターを笑顔で称賛。お互い敬意に満ちたフェイスオフを展開していた。

 レジェンドの負ける姿は見たくない。だが、モンスターはあまりに強い。世界のボクシングファンは待望のメガファイトを前に、様々な思いを膨らませている様子だ。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/26(日) 20:52
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事