ここから本文です

止まらないドルトムントの積極補強 イタリア王者ユベントスFWに獲得オファー準備

5/26(日) 8:40配信

Football ZONE web

元クロアチア代表FWマンジュキッチを狙う ブンデスでのプレー経験も評価

 すでに来季に向けての積極補強を展開しているブンデスリーガのドルトムントは、イタリア王者ユベントスからハードワークのできるアタッカーの獲得を狙っている模様だ。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

 ドルトムントはすでに、同リーグのボルシアMGからベルギー代表MFトルガン・アザール、レバークーゼンからドイツ代表MFユリアン・ブラントを獲得したことを発表している。そのうえで、さらにイタリア王者ユベントスから元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを獲得すべくオファーを出すとしている。

 マンジュキッチはユベントスでポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入してから、彼の守備面での負担を引き受けるようなプレーや、前線で相手センターバックを引き付けるようなプレーにより存在感を示した。昨季までも、マッシミリアーノ・アッレグリ監督からの信頼を強く受けていたハードワーカーぶりはいまだに健在だ。

 しかしながら、ユベントスは今季限りでアッレグリ監督が退任するため、次の指揮官が前線の選手に対してどのような素養を重要視するかは不透明だ。そうしたなかでドルトムントは、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンでもプレー経験を持ち、ドイツへの順応にも心配のないマンジュキッチの獲得を狙っているという。

 今年4月に契約を1年延長し、2021年6月まで契約を残すマンジュキッチ。ユベントスが新指揮官に誰を招聘するかによって、移籍話はより具体化することになりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/26(日) 10:12
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事