ここから本文です

主審がまさかのゴール! 珍ハプニングに世界衝撃「完全にクレイジー」「考えられない」

5/26(日) 19:50配信

Football ZONE web

オランダ4部で生まれた珍ゴール、混戦から主審の一撃に反響「物議を醸している」

 オランダ4部リーグで珍ハプニングが起きた。シーズン最終節ハルケマセ・ボーイズ対HSVフークの一戦で、ゴール前の混戦から主審の一撃がネットを揺らすという世にも珍しいゴールが生まれ、海外メディアで「完全にクレイジー」「物議を醸している」「考えられない」と反響を呼んでいる。

【動画】「完全にクレイジー」「考えられない」と世界衝撃! 混戦から主審がまさかのゴール、“珍ハプニング”の決定的瞬間

 試合はホームのハルケマセ・ボーイズが優位に試合を進め、後半途中まで3-1とリード。そして迎えた後半21分に問題のシーンが訪れる。

 劣勢のフークが相手ゴール前に攻め込み、ハルケマセ・ボーイズのGKが一度は好セーブでシュートを阻止。こぼれ球がゴールに向かって転がるなか、守護神は必死に戻ってボールをかき出した。だが、こぼれ球にフークの選手が反応し、ダイレクトでシュート。これは左ポストに当たるも、そのリバウンドが主審を直撃した。避けようとした主審だが足でボールを捉える形となり、偶然の一撃から主審のゴールという奇妙なプレーが生まれている。

 ハルケマセ・ボーイズ側は抗議したが、ルール上はゴール認定。3-2と1点差に詰め寄られたハルケマセ・ボーイズだが、その後に意地の追加点を決め4-2と勝利を収めた。白星を手にしたホームチームだが、やはり不服だったのだろう。クラブ公式ツイッターで問題のシーンを収録した映像を公開。「これは経験したことがない」と綴っている。

 この映像は瞬く間に世界中で拡散され、スペイン紙「マルカ」メキシコ版は「完全にクレイジー」「考えられないことが起きた」と言及。またオランダ紙「デ・テレグラフ」は「審判が奇妙なゴール(そして、それを承認!)」と伝えている。

 一方、ロシア放送局「ロシア・トゥデイ」スペイン語版は「このシーンは珍しく、物議を醸している」と波紋の広がりを報道。「SNSでは、プレー中の主審のポジションが批判されている」と記した。

 予想外の形から生まれた珍ゴールに、反響が広がり続けているようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/27(月) 0:52
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事