ここから本文です

文系就活生が選ぶ「就職人気ランキング」TOP100

5/26(日) 5:10配信

東洋経済オンライン

 就活生が関心を抱く企業はどこか――。その端的な指標としてわかるのが、就活生の投票によって算出した、就職人気ランキングだろう。

文系就活生が選んだ「就職人気ランキング」。1位ANA、2位はJALという結果に。

4月12日付の配信記事「2万人の就活生が選んだ『就職人気ランキング』」を皮切りに、これまで、男子学生、女子学生、理系学生ごとの人気企業の傾向を見てきた。今回は、文系就活生を対象にした、「就職人気ランキング・文系学生版」の上位100社を紹介していきたい。

 ランキングは、文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしている。同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録している学生のうち2万2028人(うち文系1万8424人)が回答した結果だ。調査期間は2018年10月1日から2019年3月31日までとなっている。

 ランキング表には、2020年卒・前半の総合順位と、昨年(2019年卒・前半)の文系順位を掲載している。「前半」とは、同調査が就活の「前半」と「後半」の年に2回実施しており、今回は前半の結果だ。

 就職活動の「前半」の段階では、まだまだ憧れやイメージが強い。一方、実際の説明会や面接を経た「後半」とでは、企業へのイメージも変わってくる。それぞれのタイミングで調査を行い、傾向の違いについても分析を行っている。なお、後半の結果は7月頃に発表する予定だ。

■エアラインや旅行業に人気集まる

 順位を見ていこう。1位は全日本空輸(ANA)、2位は日本航空(JAL)と、総合ランキングと同じ結果になった。文系の投票比率が高いため、総合ランキングに近い結果になりやすい。ただ、2年連続で同じ結果になっており、エアライン業界の人気が引き続き強いことがわかる。

 3位はJTBグループ。総合では8位だが、文系学生からの人気が高かった。旅行業はインバウンドの拡大などにより、成長が見込めるだけでなく、メディアや出版、情報システムなどグループ内で旅行を軸に多様なビジネスを展開している。そうした選択肢が多いことも人気の1つである。

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 5:10
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事