ここから本文です

世界一のラグビー大国の組織作り。スポーツ統括団体に必要な能力は?

5/26(日) 10:01配信

Number Web

 日本ラグビーの「2019年以降」が、なかなか見えづらい。

 今年3月、日本代表強化の一環として発足したサンウルブズが2020年シーズンを最後にスーパーラグビー(国際リーグ戦)から除外されることが発表された。4月には2022年シーズンから3部制とする国内トップリーグ再編案が発表されたが、流動的な要素があまりに多い。代表活動でも、日本が参加意思を示していた新設の国際大会「ネーションズ選手権」にも、2022年の第1回大会から参加できるかどうか雲行きが怪しくなってきた。

 W杯開幕までいよいよ120日を切り、人々の興味は本大会における日本代表のパフォーマンスによりフォーカスされていくことだろう。その一方で、W杯以降の日本ラグビーについても、さらなる議論があっていいように思う。

 未来の日本ラグビーはどうあるべきか――。論点、改善点は数多挙げられるが、「世界のラグビーのいま」について見聞を広めるのも一理あるだろう。

 ここで、ロンドン在住のラグビージャーナリスト竹鼻智氏による「フットボールの母国にして世界一のラグビー大国イングランドの現状」を連載でレポートする。

 2017年にワールドラグビー(国際統括団体)が行った調査によると、ラグビー協会への選手登録を行っていない、いわゆる「草ラガー」も含めた競技人口が200万人を超えるという、世界一のラグビー大国・イングランド。

 メジャースポーツとしての確固たる地位が確立されており、母国としての歴史や伝統だけではなく、今日のプロスポーツとしての運営にも、多くの経験とノウハウを持つ。

 非登録選手含めた競技人口が27万人にも満たない日本で、社会構造や文化も大きく異なるイングランドのラグビー運営手法をそのまま真似ることはできないが、何かしら学ぶことはあるのではないか。北半球で唯一のワールドカップ優勝経験を持つ、「ティア1」の国のプロラグビーを、ビジネス目線で見てみる。

1/3ページ

最終更新:5/26(日) 10:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

980号
6月13日発売

特別定価600円(税込)

The BIG FLY SENSATION
ホームランが止まらない。

【スペシャルインタビュー】 大谷翔平「強打者の本能」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事