ここから本文です

“ロベリー”がバイエルンを去る日の涙。サポーターも、警備員も、審判も。

5/26(日) 8:01配信

Number Web

 泣いちゃいました。

 2018-2019シーズンのドイツ・ブンデスリーガ最終節。バイエルン・ミュンヘンvs.アイントラハト・フランクフルトの取材に向かうため、フランクフルト中央駅からドイツ高速鉄道のICE(INTER CITY EXPRESS)に乗り込みました。

【秘蔵写真】ウッチーを穏やかな表情で抱きしめるノイアー、若き日も血気盛んなポドルスキ。

 車内ではフランクフルトサポーターが携帯スピーカーで大音量の歌を響かせて大合唱。なにせ今日の試合はバイエルンにとってリーガ優勝、フランクフルトにとってはUEFAヨーロッパリーグ出場権獲得が懸かった大一番。少々羽目を外すのも致し方なく、一般の乗客もそのあたりは寛容です。

千差万別のファンが目指すはアリアンツ。

 ミュンヘン中央駅に近づくと、上空には澄んだ青空と真っ白な雲が鮮やかな色彩を放っています。ホームに降り立つと春の訪れを告げる暖かな風が吹き付けて、気分が高揚してきました。

 地下鉄のUバーンに乗るために階段を降ると、赤いユニホームを身に纏った人々が大挙してホームに並んでいます。その年齢層は実に千差万別で、ビール瓶片手に気勢を上げる若者集団の傍で、抱っこする愛娘に顔を寄せて微笑む女性がいて、ベンチでは老夫婦が仲良く手を繋ぎながら何かを語り合っています。

 ネオゴシック様式の新市庁舎が建つことで有名なマリエン広場で乗り換え、ミュンヘン中心部からアリアンツ・アレナまでは約20分の道のり。車両は途中で地下から地上へ出て、新緑の並木道に沿うようにして目的地へと進みます。

 前方に小高い丘が見えてきました。でも、まだ“あの姿”は見えない。大型宇宙船のような威容を誇るアリアンツ・アレナは、その丘の先、風力発電のプロペラ式風車に囲まれ、広大な草原の上に凛と建っています。

レジェンドたちのラストマッチ。

 最寄り駅から歩いて10分ほど。バイエルンの赤、フランクフルトの黒。両サポーターが呉越同舟で行進する様は“安心・安全”のドイツのサッカー環境を如実に示しています。殺伐とした空気が流れてもおかしくないのに、この整然とした空気感は何なのでしょう。

 横を通り過ぎる御仁の背に書かれた「10」の文字を凝視すると、数字の中に誰かが万歳している写真がプリントされています。そう、それはアリエン・ロッベン。“常勝”バイエルンの歴史を紡いだ正真正銘のレジェンド。

 今日のゲームはすでにクラブからの退団が発表されているロッベン、フランク・リベリー、そして元ブラジル代表DFラフィーニャが、バイエルンでの最後のゲームに臨む日でもあるのです。

 大一番のゲームですから、当然チケットはソールドアウト。取材メディアも各国から大挙押し寄せていて、メインロアースタンドにある記者席だけでは足りず、スタジアム内のエレベーターで6階まで上がったメインアッパースタンド上段にも仮設記者席が設けられていました。

 今日の雰囲気を身体全体で味わいたいから、試合開始1時間半くらい前から記者席に座って周囲を観察していました。父親が息子を呼び寄せ、ピッチを背景にして記念写真を撮っています。片手にソーセージパン、お腹にビールを流し込む恰幅の良い中年男性が涼風に当たりながらスタンド階段で仁王立ち。彼の背中に輝く背番号7がことさら大きく見えます。

1/4ページ

最終更新:5/26(日) 8:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

980号
6月13日発売

特別定価600円(税込)

The BIG FLY SENSATION
ホームランが止まらない。

【スペシャルインタビュー】 大谷翔平「強打者の本能」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事