ここから本文です

19年春夏最大のトレンド「スポーツ」を楽しく着るボディーメークWeek10 「RIZAP」トレーナーによるレビューはエディの「セリーヌ」

5/26(日) 22:00配信

WWD JAPAN.com

今週のカラダは、
・体重:55.9kg(当初比-3.4kg、前週比+0.6kg)
・体脂肪率:9.5%(同-6.0%、同-0.4%)
・筋肉量:48.0kg(同+0.8kg、同+0.2kg)
でした。

次回は「RIZAP」に通い始めてから、特に体質が大きく改善してから実感する、カラダとココロ、そして生活全般の変化についてお話ししようと思います。カラダって、やっぱり生活の根幹なのだと実感中。そんなお話です。

"【今週の“マッスルレビュー”: 「セリーヌ」2019年春夏コレクション】"

連載では毎回最後に、伊藤トレーナーにモデルのカラダの側面から、ミラノ&パリのメンズブランドを分析していただきます(伊藤トレーナー個人の見解です)。ブランドは千差万別。その世界観を体現するモデルも千差万別。彼らのカラダを分析すれば、ブランドの新たな魅力に気づくかもしれないし、もっとカッコよく洋服を着こなせるかもしれません。今回はエディ・スリマン(Hedi Slimane)の「セリーヌ(CELINE)」。しばし「痩せすぎ」問題を指摘されるモデルが登場してきたブランドですが、伊藤トレーナーのレビューはいかに!?

今日は「セリーヌ(CELINE)」について、ボディーメークの観点から紐ときます!

モデルは男女ともにかなり細身で、スキニーパンツやスカートなどカラダのラインを強調するスタイルが多い印象です。以前も書きましたが、「細身のカラダをつくる」には、単純にカラダの体積を減らすのが一番。つまり体脂肪を落とすことが優先事項です。

写真を見る限りでは、男性は体脂肪率8~10%、女性は18~22%程度のイメージです。

しかし今の世の流れは、「ただ痩せる事は綺麗じゃない!」です。なりたいボディーの質感を目指し体脂肪はコントロールしますが、そこからしっかりボディーメークして魅力的にデザインするのが重要です。「セリーヌ」の場合は、男性も女性も「肩幅をデザインする」ことで逆三角形のセクシーなボディラインが際立つようになるし、特に女性はヒップアップを意識した小尻トレーニングを取り入れるとスレンダーな脚を強調しやすくなります。

高たんぱく&低糖質な食事で体積を落とし、ウエイトトレーニングでボディーをデザインする。この2つをしっかりと継続することで、理想のカラダを手に入れ、「セリーヌ」をスタイリッシュに着こなしましょう!

3/3ページ

最終更新:5/27(月) 15:17
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事