ここから本文です

38万円のセルシオと新車のワゴンR。2年乗ったらどっちが得だった?

5/26(日) 16:00配信

週刊SPA!

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。私はケチなので、お金を使うことにはかなりシビアだと思っています。

⇒【写真】高級感のある内装、エルメスのブリーフケースともマッチした

 しかし、そんな私が2年前、維持費が高いモノを買ってしまいました。それはセルシオというクルマなのですが、これを所有していると、毎年5月に8万8000円と書かれた自動車税の手紙が届きます。軽自動車ならば、自動車税は1万円程度。それと比べると、セルシオの自動車税はバカみたいに高く、買い替えたくなってしまう気持ちもわかります。

 けれども、そのような“カネ食い虫”のセルシオと、維持費がかからない軽自動車を比較して、私は2年前「セルシオのほうがお得」と書きました。

 この「お得」という言葉には、快適性がセルシオのほうが上という意味だけでなく、金銭的な意味も含まれます。新車の軽自動車と中古の格安セルシオを買って3年乗った場合、セルシオのほうが維持費を考慮しても安いと当時判断したのです。

 あれから2年……。私はセルシオを売却しました。

2年前に新車でワゴンRを買うと今ならいくらで売れた?

 2年前の記事の段階では、「3年乗る」、「18万円で売る」と言っていましたが、実際は「2年乗って、10万円で売却」という結果となりました。

 私は、セルシオを38万円で購入したため、18万円で売却できた場合、セルシオを“実質20万円”で買ったことになりますが、10万円で売却したため、“実質28万円”という結果となりました。

 そのため、もともとの予定よりは、損な感じになったようにも見えます。実際のところ、どうだったのか?

 私がセルシオを買ったのは2017年5月ですが、当時の記事で比較したのは、新車のワゴンR。ワゴンRは2017年2月にフルモデルチェンジしたため、新車からの値落ちを考えると、ワゴンRにはなかなか有利な条件でした。

 その際に想定していたのは、グレードはハイブリッドFXの2WD、色はシルバー、ETC、ドアバイザー、CDプレイヤー等のオプションを付けるという内容でした。その場合の新車見積もりは、スズキのWeb見積もりによれば139万6000円です。

 先日、私はクルマを売った際、フレンドリーな買取店に、この条件のワゴンRを2年前に買って今売却したら、いくらぐらいで買い取りしてくれるかと聞いたところ、よくて60万円ぐらいという回答でした。

 ちなみに、人気の高いスティングレーのようなグレードだともっと高いようですが、そのぶん本体価格も高く、ハイブリッドFXよりもお得とはいえないようです。

 ですから、ワゴンRを新車で買って2年で売った場合の実質額は、79万6000円(139万6,000円-60万円)となります。

 ワゴンRの実質額が約79万円である一方、セルシオは28万円。車両本体にかかった金額では、セルシオのほうが新車の軽自動車より51万6000円も安いのです。

 とはいえ、いくら本体価格が安くても、誰もセルシオを買おうと思わないのは、「維持するのにお金がかかる」と思われるから。実際、8万円以上という税金を見ただけで、いやになる人は多いでしょう。

 では実際、どのぐらいの維持費がセルシオに発生したのでしょうか?

1/2ページ

最終更新:5/26(日) 16:00
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事