ここから本文です

清原和博が「プロ21年間で一番うれしい本塁打」(2006年5月27日)

5/27(月) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2006年5月27日だ。

 この日の横浜戦(スカイマーク)、3対6とオリックス3点ビハインドで迎えた9回裏一死満塁で打席に入ったのは清原和博だった。カウント1ボール1ストライクからの3球目。クルーンが投じた152キロのストレートをフルスイング。打球は右翼席へ消える逆転サヨナラ満塁弾となった。

「エーッ、152キロ? まぐれで奇跡や」とおどけた清原。中村勝広監督に思いきり抱き着き、「プロ21年間で一番うれしいホームラン。もう1年分、仕事をした気分」と喜びを露わにした。

 サヨナラ満塁弾はプロ野球史上69本目、パ・リーグでは32本目。清原は巨人時代の01年7月14日の広島戦でもサヨナラ満塁弾を放っており、自身2本目。サヨナラ満塁弾を一人で2本打ったのは青田昇(阪急、洋松=1947、54年)、広野功(中日、巨人=66、71年)、立浪和義(中日=02、06年)に続き4人目になる。

 清原のサヨナラ安打はこれが19本目、サヨナラ本塁打は11本目で、両方とも野村克也(南海ほか)のプロ野球記録に肩を並べた。また、3点差を一気にひっくり返した逆転サヨナラ満塁本塁打は史上13本目だった。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:5/27(月) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事