ここから本文です

浴室のにおい 「除菌」で解決

5/27(月) 7:47配信

NIKKEI STYLE

梅雨が始まると次第に気温と湿度が高まり、細菌やカビ(真菌)など微生物も活発化する。快適に過ごしたい浴室は、特に異臭を感じやすい。掃除方法をおさらいしておこう。
浴室のにおいは入浴時に気になるもの。細菌やカビの活動に必要な、適度な水分と温度という条件がそろっているからだ。

■換気扇切った後 鼻で嗅いでみて

浴室の汚れはせっけんカスやアカだけではない。腸内細菌や土壌由来の細菌なども検出されている。カビの仲間も多い。この細菌やカビが、汚れの栄養物を分解する際に独特の臭いを発生するという。
においが気になるときは、発生源を特定したうえで掃除に取りかかるほうが効率的だ。発生源が分からない場合は、入浴前に換気扇を切り、数時間置いてから、自分の鼻で嗅いで探すといい。
筆者は、浴室のにおいに悩んだ時期がある。酸っぱいにおいが初めて気になったのは17年前。妊娠中で嗅覚が敏感になっていたからだと思う。家族が浴槽や排水口を掃除していたので、それ以外の場所でにおいが発生しているということは分かっていた。
その後、カビや細菌についての書籍や論文を読むなどしてやっと、正体が分かった。細菌が、皮脂汚れやせっけん成分などを代謝する際に出しているにおいだったのだ。
においは昼間など、浴室が乾いているときは感じない。そこで、入浴時にシャワーの水滴や結露などでしっかり浴室全体が湿っていて、シャンプーや入浴剤を使う前に、自分の鼻を利かせて調べてみた。その結果、壁や床、イスなど小物、天井があやしいと判明した。
カラン周辺や壁の細菌は、色素がピンクやオレンジ色で目立ったり、触ってヌルつきがあったりすればいいが、目視では分かりにくい。壁は「浴室掃除用スポンジを新しく下ろす」時と決めることで数カ月に一度は掃除するなど、汚れが目に付きにくい場所も忘れないよう習慣付けることにした。
床は凸凹があるので、浴槽と同じスポンジよりブラシのほうが行き届く。
掃除は、除菌効果をうたう市販の浴室用洗剤を使うといい。除菌効果がない洗剤の場合は、殺菌効果のある塩化ベンザルコニウムがおすすめだ。水で500倍に薄めスポンジに浸して塗布するとヌメりやにおいが出にくくなる。
ただし、塩化ベンザルコニウムは掃除の後で塗布すること。洗剤代わりにはならないことに要注意。揮発性が高く、天井から垂れる心配がない消毒用エタノールもいい。ただ、価格が高いので、筆者は天井掃除に限定して使う。

1/2ページ

最終更新:5/27(月) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事