ここから本文です

スカウトのピンハネ問題/週ベ回顧

5/27(月) 10:14配信

週刊ベースボールONLINE

 昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

悲運のサブマリン

 今回は『1967年5月15日号』。定価は60円。

 前年限りで東映を退団し、内外スポーツの営業マンになっていた岩切正男。立正佼成会から63年の都市対抗後の入団だったが、一軍登板なく、3年半で解雇。サンケイのテストを受けたが、落ちてしまい、野球生活を断念した。

 この岩切が東映を告訴した。契約金の未払いだ。

 契約時に提示された全額は850万円だったのだが、最初に450万をもらった後は分割払いのはずが、未払いのまま。

 どうやら間に入ったスカウトが横領したらしく、実は同じく東映の永易将之も同じ担当スカウトで200万の未払いがあり、球団に請求すると、こちらはそのスカウトが個人で返済したという。

 岩切は契約書も持っており、裁判になれば、このスカウトだけでなく、東映もただではすまないだろう。 

 4月25日、東京の坂井勝二が東映戦で9回をノーヒットノーランながら10回表に1点を取られ、敗戦投手となった。
 実は、この10日前、4月15日の西鉄戦でも8回までノーヒットノーランで9回に安打を許していた。
 坂井はさらにさかのぼれば、65年5月1日の近鉄戦でも8回まで完全試合、ほか1安打ピッチングも2回と悲運の投手ではあった。

 ただし、この年の東京打線は最悪。25日の試合で開幕から2度目の36イニング連続無失点となっていた。

 坂井は試合後、「仕方がない。またやり直しです」と言いながらも「もうこんな記録に挑戦するのはやめた。神経ばかり使うしね」。

 まだ初勝利のない阪神の新人・江夏豊だが、バットで非凡なものを見せている。
 4月23日、中日戦。0対7の劣勢となった試合に二番手で登場すると、最初の打席で場外弾となる2ラン、次の打席は2点適時打。大逆転勝利の立役者になった。
 後藤次男打撃コーチが真顔で「打者に転向させたい」と言ったが、江夏は「たまたま打っただけです」と戸惑い顔。

 4月22日の西鉄戦で、前年の5月1日から16連敗をしていた阪急・梶本隆夫がようやく勝ち星。試合後は、「ありがとう」「ありがとう」を連発していた。


 では、またあした。
 
<次回に続く>

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:5/27(月) 10:39
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい