ここから本文です

椎名林檎がアルバム『三毒史』を発売、6人の男たちとのデュエット曲に見る音楽性のルーツ

5/27(月) 8:00配信

コンフィデンス

 椎名林檎の最新アルバム『三毒史』が5月27日に発売された。本作では、宮本浩次、トータス松本、向井秀徳、浮雲とのコラボレーションに加え、櫻井敦司(BUCK-TICK)や鍵盤奏者・ヒイズミマサユ機とのデュエット楽曲も収録。椎名林檎らしい、攻めた作品でありながら、“デュエットアルバム”としても大いに注目される作品となった。椎名林檎本人へのインタビューを通じ、ゲストアーティストたちとの制作の背景に迫った。

【写真】椎名林檎がペガサスに?『三毒史』のジャケット/コラボした6人

◆「私はリスナーとしても、デュエット曲がとにかく大好きなのです」

 椎名林檎5年ぶり6枚目の最新アルバムはその名も『三毒史』。“三毒”とは、貪り、怒り、愚かさ。仏教において克服すべきとされる代表的な煩悩の異名だ。

「『三毒史』では、この世に生を受け、欲を自覚して、渇望したり、絶望したり、しかし結局自ら学ぶ人の道を書きました」(椎名)

 全13曲収録の『三毒史』は、2曲目の「獣ゆく細道」から、1曲置きに豪華なゲストボーカリストたちが参加している。つまり本作はデュエットアルバムとしての側面も備えている。その顔ぶれは、宮本浩次(エレファントカシマシ)、櫻井敦司(BUCK-TICK)、向井秀徳(NUMBER GIRL/ZAZEN BOYS)、浮雲、ヒイズミマサユ機、トータス松本(ウルフルズ)という個性豊かな面々である。

「私はリスナーとしても、デュエット曲がとにかく大好きなのです」(椎名)

 椎名のデュエット曲への関心は、彼女の音楽性のルーツと紐づいている。それはバレエ音楽を含むクラシック音楽、タンゴなどのラテン音楽、ソウル、R&Bといったブラックミュージックであり、またジャズを基調としたミュージカルナンバーや、映画のサウンドトラックでもある。彼女は宮本浩次、トータス松本とのデュエットについてこう語っている。

「『目抜き通り』のボーカルはモータウンのマナーに則ったつもりです。松本さんがマーヴィン・ゲイ、私はタミー・テレルになる覚悟で2声を書きました。彼特有の泣き笑い声には、毎度感じ入ってしまいます。一方、宮本さんといつかご一緒できる日が来るなら、レナード・バーンスタインの壮絶さを目指そうと長年イメージしていました。元来、宮本さんが持つラテンフィールが解き放たれたらどうなるのかを聴いてみたかった。『獣ゆく細道』でそれが叶い、やはり感激です」(椎名)

 マーヴィン・ゲイ&タミー・テレルとは、1960年代後半に「ユア・プレシャス・ラブ」などのヒット曲を放ったモータウン・レーベル所属の名デュエットである。レナード・バーンスタインとは、1957年初演のミュージカル(※1961年に映画化)『ウエスト・サイド物語』の音楽で知られる、20世紀後半を代表する作曲家/指揮者/ピアニストだ。

 東京事変の活動後期から急速にBUCK-TICKを愛聴、彼らのファンクラブにも入ったという椎名にとって、櫻井敦司の参加は満を持してのオファーだった。

「櫻井さんの低音からは、デヴィッド・ボウイをはじとするブリティッシュなグラム・ロックの耽美が香り立ちます。「駆け落ち者」は、あのお声の魅力を凝縮することを目指し書きました。スタジオでの櫻井さんの歌入れの際、「あんなに幅のあるビブラートの波形、初めて見た」と、井上雨迩(エンジニア)さんが驚いていらっしゃいました」(椎名)

 先頃、再結成が発表されたNUMBER GIRL時代からの同志である「同郷(福岡)のきまぐれなパイセン」(椎名)こと向井秀徳が参加した「神様、仏様」については、こんなエピソードが語られている。

「ZAZEN BOYSの「自問自答」(2004年)で歌われていた「行方知れずのアイツ」の模様を、初めて私なりに描こうと試みたアンサートラックです。やっぱりリスナーが聴き慣れたご本人の語りは絶対にいただきたかったんです。初めに「声素材ください」とお願いしたのはかれこれ15年程前。ずっと書いてみたかった、悲願叶っての一曲です」

1/2ページ

最終更新:5/27(月) 8:00
コンフィデンス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コンフィデンス

oricon ME

8/26・8/26号

5,040円(税込)

■表紙インタビュー
ドン・ウォズ氏(ブルーノート・レコード 代表取締役社長)
音楽というものは、「ワーク(働く)」ではなく
「プレイ(楽しんで演奏)」するもの

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事